2017年09月02日

クロスハンドグリップ

最近、パターグリップをノーマルグリップからクロスハンド・グリップに挑戦しています。これには理由があります。今までは通常のノーマルパターグリップで長年やってきましたが、それが特に悪いうわけではなく、まぁ、ちょっとパッティングの距離感や方向性が最近イマイチなので、試しにやってみようかな、というのと、それに、パッティング理論上からすると、クロスハンド・グリップでストロークする方が、ボールが良い転がりをする(安定した順回転になりやすい)はずなので、それを試してみたいという二つの理由からです。
grip01.jpg
パッティング以外のアプローチを含めた普通のショットでは、クラブヘッドで捕らえられたボールはバックスピン回転でボールが上がります。一方、地面を転がるパッティングのボールは順回転、いわゆる車のタイヤが前進する回転と同じです。

「そんなこと、当たり前じゃないか」

なんて声が聞こえてきそうですが、その当たり前がとても重要なポイントなのです。

先述の通り、通常のショットではボールはバックスピン回転をします。これは、シャフトを軸にしてクラブヘッドがトウ側から反時計回りに(右利きの人の場合)円運動することによって、ボールとクラブフェイスでバックスピン回転が発生します。また、ゴルフスィング時の円運動は、クラブで右手(中指・薬指)を支点としたテコの原理を利用することで生まれ、更にボールに強いパワーが伝わります。

一方、パッティングは、ボールは順回転します。これは、グリップ(エンド側)と一緒にパターヘッド(ヒール側)を直進運動(正確には直進に近い緩やかな円運動)させることによって、オーバースピンが発生します。また、クロスハンドのパッティング・ストロークでは、力点と作用点が右から左へと同方向に動かすことで、支点も力点となってテコの原理にならないので、ボールへのパワーは伝わりずらくなります。

head_moving-thumbnail2.jpg

テコの原理.jpg

テコの原理2.jpg

つまり、ボールを力強くバックスピン回転させる通常のショットと、柔らかく(弱く)順回転させるパッティングはクラブヘッドの動きやパワーを伝える原理も「真逆」である、ということ。だから、パッティングでは右手は体の近く(上)で左手が体から遠く(下)でグリップするクロスハンド・タイプの方が、通常のパッティング・タイプよりパターヘッドとグリップを右から左へ動かす直進運動とパワーを抑えたソフトタッチを出しやすい、だから高速グルーンにもGOOD、という訳。いずれも、両手を15センチ程度離した状態で、通常のパッティングタイプとクロスハンドタイプの素振りで比べてみれば、なんとなく実感できるはずです。
grip02.jpg
また、ラウンド中ではアプローチからパターへ、そして次のホールのティーショット(ドライバー)へとの流れのパターンが、ひとつのルーティーンとして感性のポジティブな繋がりが出来ます。しかし、通常のショットと同じ手の位置では、ボールの回転を間逆(順回転)にさせるパッティングの動きで、感性の繋がりが無意識に途切れてしまったり、或いは変化してしまったり、といった可能性が比較的には否めません。もちろん、通常のパッティンググリップに慣れている人や、さほどパッティングに問題を抱えてない人は、特に変える必要はないでしょう。ただ、こんな話でもちょっと興味の持った方、或いは悩みを抱えている人は、試してみる価値はあると思います。

ちなみに、現在大活躍中のトッププロ、キム・ハヌル選手やジョーダン・スピース、ローリー・マキロイ選手もクロスハンド・グリップでパッティングを実践しています。まあ、そこまで計算して実践しているのかどうかは不明ですが、私の見解としては、同じような理論に添った統計的・確率的な根拠があるのでは、とみています。

ということで、クロスハンド・グリップに暫く挑戦してみようかな、と思っています。でもまあ、パターも五角形型・振り子の原理で提唱されているストローク方式が大衆的で一般論だし、私なりの机上の論理の話なので、結果が伴わなければ、また元に戻すかも知れませんけど…ご参考までに。


【おまけ】
パッティング理論上、通常の振り子型ストロークはパターのロフト角は小さめ(3.0〜3.5°)、クロスハンド型ストロークはロフト角は大きめ(3.5〜4.0°)の方がボールに良い順回転をかけやすいといえます。但し、ボールコンプレッション※1やパターヘッド形状もストローク方法に影響しますので、一概には言い切れません。また、ボールコンプレッションは、パターヘッド(インサート・軟鉄等の素材)とボールとの相性を掌(つかさど)るので、「パター本体・ストローク方式・ボール」この3つのどれを優先順位にして、自分のパッティングスタイルの完成度を高めていくのが筋道かな、と思います。でも、パッティングは天性とかいわれたり、そこまで考えなくてもパターが上手な人はたくさんいるし、まあ、あえて掘り下げても考えすぎちゃうこともありますから…  σ(^_^;)

※1 ボールコンプレッション
ボールの硬さを示す指標。それらを関連する概念に ディスタンス系、スピン系というボールの分類があるが、ディスタンス系は硬いボールで、スピン系が柔らかいボールだといわれているのが一般認識。しかし、正確には、スピン系のボールは、硬めのコアでス反発力を確保して柔らかいカバーでスピン量を増やす。また、ディスタンス系のボールは、柔らかいコアでドライバーのスピン量を減らして硬いカバーで反発力を確保する、という性能である。

posted by プロゴルファーKAZU at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル

2017年08月02日

温故知新

私が学んできたゴルフスイング理論は、全て考え方や方法が異なる理論でした。しかし、その異なった理論から学び、私が今に辿り(たど)りつけたのは、何よりこれまで指導して頂いたプロの大先輩の方々のおかげでした。

「温故知新」

古きをたずねて新しきを知る。「昔のことを研究して、新しい知識や道理を見つけだす」という意味で現代もよく知られた中国から伝わる言葉ですが、実は「どうすれば、古いことから新しいことを知ることが出来るのか」という、この言葉の本当の意味を知ることがとても大切だと思うのです。

故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知れば、以て師となるべし。(為政第二より)

■ 現代語訳
自分が以前に習ったことや昔のことをしっかりと習熟して、新しいことを知ることができるならば、師(先生)となることができる。

「以て師となるべし」

最後に、この言葉があるのです。

何かを教えようと思うとき、あなたはそのことにかなり慣れて習熟しているはず。でも、実は教えるということは大変難しいのです。例えば簡単な掛け算、7×5=35ということを教えようとしたとき、「7×5=35になる」と教えたらすぐに理解できる人ならいいのですが、もし「×(かける)ってどういう意味?」とか「数字って何?」なんて質問された場合、その質問に適切に答えることができるでしょうか。そう言われると、ちょっと自信が無くなるのではないでしょうか。

ゴルフでもそうです。もし「グリップって何?」「どうしてこう持つの?」とか、「ゴルフクラブって、どうしてこんな形をしているの?」と聞かれたら、適切に答えることはとても難しいのではないでしょうか。

このように、何かを教えるためには、その何かに付随する色々なことに習熟していないとならないのです。そうしないと、誰かに何かを教える・伝えることはできません。つまり「温故知新」の本当の意味とは「故きをたずねて新しきを知る」ではなくて、「故きを(大切に)温めて新しきを知る」なのです。誰かに何かを教えることができるくらいにしっかりとそのことを研究し習熟したならば、そこできっと新しいことを知ることが出来るはず、先人達はそう伝えたかったのかも知れません。


posted by プロゴルファーKAZU at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | アセンション