2017年07月22日

子供に学ぶ 〜前向きな心〜

私の所属する練習場では、去年の10月からジュニアスクールを開講しました。初めは1人だった生徒も最近は15名を越え、ようやくスクールらしくなってきました。とりあえずは「ホッ」としています。σ(^_^;)

下は4歳から上な中学3年まで年代は幅広く在籍してます。当初は「小学高学年や中学生は問題ないけど、4〜6歳児は一体どう指導していいか未知数」で、ゴルフスィングがどうこう、というより、兎に角、「怪我しなように」だったり、「飽きさせずに続けるように」することだったりに精一杯でした。

ところが、やってみると、案外余計な心配しすぎだったと気付きました。それは、たとえ小さな子供でも、実はこちらがびっくりする程とても理解力が高くひたむきでハイレベルである、ということに。

子供ってよく「なんで?どうして?」って言いますね。普通なら大人の目線や都合で、「こうすればいいの!」なんて、抑えつけて手っ取り早い説明をしたりして… それが案外ダメなんです。

例えば「グリップ」。

「なんでこう持つの?」

子供は聞きます。

まさかな… と、思いつつ試しにこう説明してみました。

(実際にボールとクラブの動きを見せながら…)
「ボールが高く上がって飛ぶって、クラブ(ヘッド)を右から左にこう回すんだ。そうすると、ボールがこう(バックスピンで)回りながら上に飛ぶんだ。で、そうするにはこう持つとやりやすくない?」

すると、

「ホントだ、わかった!」

本当にわかったのかなぁ、こんな難しいこと…なんて思って見てると、それが一生懸命、今聞いた事をやろうとしてるんです。ひとつひとつ順を追ってひたむきに。そして、たまに上手く出来るんです、2割ほどですが。

感動です。理解してるんです。

なんだか、子供はミニパソコンみたい。ソフトウェア次第で高い能力を発揮出来る。だから、もっと大切な前向きなハートも同時に植え付ける。

「勉強もそうだけど、ゴルフも簡単じゃないんだ。だから沢山失敗してもいいんだょ。沢山失敗しても、10回やれば1回か2回は成功するから。」

「え〜っ⁈、じゃ8回失敗していいの?」

「そう!8回失敗していいの。」

で、こうなります。

「先生8回失敗していい、って言ったけど、ボク、4回成功したよ!」

「凄〜い、天才じゃん!」

合格ラインを下げてあげると、小さな成功が大きな自信になる。そう、いつか彼らが大人になった時、私と出会えて良かった、と思ってくれたら嬉しいですね。



posted by プロゴルファーKAZU at 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジュニア

2016年07月16日

楽しむゴルフ

ゴルフは本来、楽しいものです。でも、全く楽しめなくなってしまって、ついにはゴルフから離れてしまうような人も少なくありません。

「いくら練習したく上手にならない。もうゴルフなんてうんざり」

皆さんも一度は思ったことありませんか?

長くゴルフをやっていればやっているほど色々な困難に出くわすものです。でも、ゴルフ(プレー)を心から楽しみながらやっていれば、素晴らしい結果が待っていてくれるものなのです。ところが実際は、思うようなショットが打てない、スコアが伸びない、仲間に笑われた、など様々な理由によって劣等感に苛(さいな)まれたり、自信喪失に陥ったりして、気付けばゴルフがつまらない、苦しいものになっていたりします。

では、どのようにすれば、立ち直るきっかけが掴め、またエネルギッシュにプレーを楽しめるのでしょうか。

@気長にやる
不調の時ほどムキになって必要以上の練習量をこなしてしまいがち。それは、ただただ良くない動きを固めてるようなもの。不調期から好調期になるまでには数週間から数ヶ月はかかるものです。「今は不調期だから仕方ない。そのうち良くなるさ。」と、楽天的になることが大事。あまりにも意気消沈してるなら、しばらくゴルフから離れてみるのも良いかもしれません。心を込めて練習に取り組んできたのなら「果報は寝て待て」です。

A現状を受け入れる
不調期にベストプレー(スコア)を求めたところで思うようにはなりません。ならば、不調の現状を認めて、これ以上悪くしない努力をする。例えば、コースでショットが曲がるなら、曲がる想定で安全地帯を探してみる。また、グリーンのピンは狙わずアバウトに「グリーン付近まで行けばいい」など。ミスの許容範囲を広げて、結果に寛大になるようにする。不調のプレーでも、それでいかにスコアを減らすかに切り替えると、忍耐力が必要ですが、きっと違う視野が広がってくることでしょう。

B仲間を選ぶ
プレーを楽しむには、一緒にいて楽しい仲間と過ごすことです。面白くない仲間とプレーをすると、自分のプレーに悪影響します。レベルに関係なく、互いが気持ち良くプレーする為に気遣ったり気を利かせたり出来る仲間と過ごすことです。ゴルフの精神の基本ですね。 

C練習方法を変えてみる
私達プロの場合は、不調になれば練習方法を変えてみたり、或いは基本に戻ったりします。アドレスが崩れたり、軸がぶれたり、スィングスピードが早くなったり、手打ちになったりといった具合に不調の原因はプロもアマも同じ。体の捻転をしっかりさせたり、ハーフショットの練習をしたり、アドレスやグリップのチェックをしたりと、気持ち良く真っ直ぐ打つのをやめて基本に戻ります。そういう練習を繰り返しているうちに、次第に好調になってくるものです。

D感情を抑える
一打一打のショットの結果に対して喜怒哀楽をあらわに出していたら、とてもとても18ホールもちません。心では腹ワタ煮えくり返る思いでもグッとこらえ、顔はクールに心は燃えて淡々とプレーをする。そうすることで、幸運が訪れるようになるものです。

いかがでしょうか。

ゴルフをやっていれば、好不調の波はまるでジェットコースターのように乱高下しながらやってきます。それを受け止めたり受け流したりと、自身の心をコントロール出来るようになれば、ゴルフのプレーを今よりもっともっと楽しむことができることでしょう。

posted by プロゴルファーKAZU at 19:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアル