2012年02月08日

飛びの潜在能力

ゴルファーなら誰もが願うことは「飛距離アップ」。今よりも10ヤードから20ヤード、いや30ヤード飛んだら・・・出来れば40ヤード飛ばせたら・・・とキリがありません。ところが、この「飛ばしたい心」を消し去ると「飛びの潜在能力」が最大級引き出されることがあります。

こんな経験をした事ありませんか。

ピンまで残り240ヤード。グリーン上では前のパーティがまだパッティングの最中。この距離で使いたいクラブは3番ウッド。しかし、3番ウッドの飛距離は200ヤードなのでグリーンオンには40ヤード足りない。風は無風だったので万が一にも届くことはないと思い「この距離じゃ届かないから先に打つね。」と言ってグリーン手前にレイアップ(あえて控えめに刻むショット)した。

ところが、レイアップしたはずのボールがなんと直接キャリーでグリーンオン。幸いケガ人は出なかったものの前の組の人達は大激怒。慌ててグリーンへ走り、平謝りしながら思うのです。「ここまで届くはずないのに・・・何故ここまで飛んでしまったのだろう・・・」 

実はこの現象、グリーン上に前の組がいたことに大きな理由があります。当然、危険防止のために届かせてはいけない気持ちがあったはず。だからグリーン手前に刻むつもりで「わざと飛ばさない」ように軽く打った。ところが、この「わざと飛ばさない」ようにした心が「絶妙のタイミング・リズム・力加減」を生み出し、飛びの潜在能力を最大級引き出す結果となった、という訳です。

「絶妙のタイミング・リズム・力加減」は飛びの潜在能力を最大級引き出します。これを体感するには、フルショットばかりの練習をせずに「わざと飛ばさない」練習、例えばハーフショットの練習を積極的に取り入れる事です。ハーフショットの練習は、それ自体「絶妙なタイミング・リズム・力加減」を養う効果があります。また、次第に感性も豊かになってスィングバランスも良くなるので、練習を重ねていけば意識的に「潜在能力最大級のショット」が打てるようになれるかも知れません。

先のケースでは幸いケガ人が出なかったとはいえ、一つ間違えば大事故です。「わざと飛ばさない」練習をして、スィングバランスを整えておきましょう。

posted by プロゴルファーKAZU at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル