2012年02月11日

突然大崩れしたら

ラウンドの途中で突然調子がおかしくなり、訳が分からなくなる事ってあると思います。どうやっても球が上がらない、OBの連続、挙句に空振り。同伴者達は「リズムが早い」「ヘッドアップしてる」「腕を伸ばして」などとアドバイスしてくれるのですが、全く身体が言うこと聞いてくれない。もう投げだしたくなってしまいます。

そんな時の立て直し方があります。

それは「ゴロ」を打ってみること。身体が言う事を聞かなくなってしまう程の状態では、「ゆっくり振ろう」とか「ボールを良く見て」などと思ったところで結果はすぐに変わりません。むしろ、考えれば考えるほど思うようにいかないもの。その原因も様々で、疲れ・力み・軸のずれ・・・ひとつひとつ探していたら、スコアも心も乱れたままラウンドが終わってしまいます。しかし、そんな状態でも自分を取り戻してくれるのが「ゴロ」。

ゴロを打てば当然ボールは「地面」を転がっていきます。なので、打ったボールを目で追って行くのも「地面」。フォロースルーも極端に低くヘッドを止めなければなりません。しかし、実はこのフォームこそが前傾姿勢をキープしたジャストミートの基本形なのです。

ショットが突然崩れる原因の多くは、前傾姿勢の角度をキープ出来なくなる点にあります。しかし「前傾姿勢を崩さないように」と思ったところで、すぐに修正するのは困難です。一方、「ゴロ」の意識はスィング(身体の使い方)ではなく「ボールをどうするか」の意識です。それが、無意識に前傾姿勢をキープすることに繋がっていて、結果的にスィングバランスが調整され、ゴロを打つつもりが不思議と「ナィスショット」が打てるようになります。

但し、これはその場を凌(しの)ぐ方法。状態が良くなってきたと安心せず、帰ってから修正のために一週間程度は繰り返しの練習が必要です。出来ればコーチングを受けられたほうが良いでしょう。

青木功さんの名言があります。
「ゴルフはゴロフだ!」
とても深い意味があります。

posted by プロゴルファーKAZU at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル