2012年02月21日

グリップ交換

長い間クラブを使用していると、グリップは痛んできたり滑りやすくなってきます。ミスショットを減らすためにも、そんな時はグリップの交換時期です。

最近はグリップの種類も大幅に増えて、素材・カラー・デザインなどが自由に選択出来るようになりました。昔はグリップの種類も少なく色もほとんど黒一色で、限られた中から選択するしかありませんでしたが、今はグリップもゴルフクラブをコーディネイトするファッションの一部になっています。

ところで、グリップ交換をした途端に球筋がおかしくなってしまった経験ありませんか。実は、グリップ交換の際には注意しなければならないポイントがあります。

それは「重量」です。グリップはそれぞれ重量が異なっています。平均的には45〜50gですが、軽いものは30gから重いもので60g以上のグリップもあります。グリップ重量はクラブのバランスを調整するために重要な役割をしていて、それぞれのメーカーで設定した重量のグリップを装着しています。ですから、「これは使いやすそうだ」とか「色が綺麗」といった理由だけで交換してしまうと、今までとはまるで違った「別のクラブ」に感じてしまい、球筋がおかしくなる事があるのです。

ですから、交換の前に自分の使用しているクラブの「グリップ重量」をカタログなどで調べて、交換するグリップは必ず「同重量」にしなければなりません。誤差は±2gを超えない方が良いでしょう。軽いグリップを装着すると「クラブが軽い・シャフトが柔らかい」と感じます。逆にグリップが重いと「クラブが重い・シャフトが硬い」と感じます。もしグリップ重量が不明な場合は、交換の際ゴルフショップで計測してもらいましょう。重量が合っていれば、どのメーカーのどんな種類のグリップでもOKです。

ちなみに現在「クラブが重い・シャフトが硬い」また「クラブが軽い・シャフトが柔らかい」と感じている人には、グリップ重量を変えてチェーンナップする「裏技」にもなります。どの程度重量を変えれば良いかは、ショットレベルや使用クラブによって異なりますので、ゴルフショップのクラブアドバイザーに相談するのがベストでしょう。

posted by プロゴルファーKAZU at 19:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | チェーンナップ