2012年03月02日

Win-Win Lesson

私はこれまでゴルフスクールと個人レッスンを中心に活動してきました。そしてレッスン内容に関しては、生徒の問題点の即座の解決や早期技術取得のために、出来る限り特効性や即効性のある情報を提供しようと努めてきました。

私の指導能力の有無は別として、大抵の場合、個人レッスンの方の悩みはその場で解消していたし、スクール生は素晴らしいショットを放っていました。皆まるで魔法でも掛けられたかのように喜びの意を示してくれて、その様子に私も喜びを感じていました。

でも、果たしてそれで良かったのでしょうか。

生徒はスィングの不調による悩みの解決(問題解決)やスコアアップや技術向上の習得(価値創造)を求めています。一方、私はゴルフスィングの技術指導は勿論、ゴルフクラブやルール・コースマネージメントなど幅広い専門知識を提供しています。

従って、ゴルフレッスンを「Win-Win(共利協働型)」として考えると、その関係はパートナー同志として成り立っていなければなりません。だとすれば、これまでの私のレッスンは単に満足感を与え合っているだけの、言わばマジシャンとお客のようなマジック・パフォーマンスの類(たぐい)で、とても「Win-Win」とは言えないものだったかも知れません。

ゴルフレッスンは、コミュニケーションによってスコアや技術アップなどの共通目的を見出し、目的(目標)達成に向かって一緒に努力していく「価値創造」が一番大切。それに「問題解決」のみを求められがちな個人レッスンも、問題が解決したらそれで終わらずに更なるステージアップへ、そう「価値創造」へ導くことが生徒に対する配慮であると思うのです。

だから、生徒も私もお互いに真の実力者同志となってステージアップ(アセンション)するためにも、これからは「Win-Win Lesson」に努めていきたいと思っています。

posted by プロゴルファーKAZU at 16:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | アセンション