2012年03月03日

ベタ足か否か

ダウンスィング時における右足の踵(かかと・以下右利きの場合)の動きは「ベタ足」と「ヒールアップ」どちらが良いのか、ということをよく聞かれます。プロでも両方のタイプに分かれていて、「ベタ足」派は韓国人選手に多く見られるし、「ヒールアップ」派は石川 遼選手や横峰さくら選手らがその代表的なタイプです。それぞれ持ち味があるので参考にしたいものですが、どちらの方が自分に合っているか迷うところです。

実はこの違い、トップの位置の高さによっておよそ決まっています。つまり「横振り」と「縦振り」違いで「ベタ足」派か「ヒールアップ」派のどちらのタイプか決まってくるということです。

「縦振り」でも「横振り」でも、どちらも体の動きは同じレベル回転(コマのような動き)です。いわゆる「ボディターン」。ゴルフスィングは、この「ボディターン」の動きに腕とクラブがリンクしています。ですからトップの位置が高い「縦振り」の場合、クラブを一度下へ降ろす動作が必要になります。一方、トップの位置が低い「横振り」はクラブを一度下へ降ろす動作をあまり必要としません。

つまり、クラブを一度下へ降ろす動作が必要な「縦振り」は、その勢いで右肩が下がる「しゃくり打ち」になりやすく、それを防ぐためには「ヒールアップ」させた方が良いのです。一方、クラブを下へ降ろす動作をあまり必要としない「横振り」は、ダウンスィング時に右肩の下がる割合が少ないので「ベタ足」の方がベターだ、という訳です。

但し、トップの位置が高くても左腕や脚の筋力が強ければ「ベタ足」でも右肩が下がらずに打てる人もいます。逆に、トップの位置が低くても脚力の弱い人は右肩が下がりやすくなるので「ヒールアップ」させた方が良い場合もあります。なので、スィングの構造と筋力とのバランス関係で一概には言い切れない部分がある事も知っておいて下さい。

いずれの動きにしても、ダウンスィング際に右膝や右踵(かかと)が早く動いてしまうと上体のツッコミや開きの原因となりますので、タイミングと脱力を意識して練習するのがポイントです。

posted by プロゴルファーKAZU at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル