2012年03月14日

肩の回転

「肩が回らない」「体重移動が上手くいかない」と思っている多くの人は、「身体か硬いから」或いは「年齢のせい」と感じているかもしれません。しかし、関節などに障害がない限り、ほとんどの人が正しく関節を使う方法をマスターすれば、もっと楽に身体が回転出来るようになれます。(以下右利きの人を対象として)

正しく関節を使うには「レベル回転」を意識する事が重要です。「レベル回転」とは、背骨を軸に膝・腰・肩それぞれの高さが地面と平行に回転する動き。まずは「がに股アドレス」を作り(3/11・がに股打ち 参照)、ティクバックで左肩を地面と平行に右足の前まで動かし、上体が右股関節に乗ることを確認します。

ここで重要なのが、テイクバックで左肩を回す(動かす)時の「肩関節の回転」。これは左腕を遠くへ伸ばしながら肩関節から下、腕全体を時計回りに回転させる動きで、例えば、野球のキャッチャーが右バッターのアウトコースのボール球を捕球する動作と同じ。それによって、左の肩甲骨も一緒に動き、「がに股アドレス」で開放された右股関節も同調して「正しいレベル回転」が出来るようになっていきます。

「肩関節を回転」させれば右股関節に上体が自然に乗せられるようになり、体重移動も無理なく出来ます。その際、頭が右へ動くように感じますがOK。顔の表面(特に両目の位置)が動いて景色も同時に動くためで、実際には殆ど頭の位置に変化はありません。違和感を感じる人は、鏡やビデオで確認してみましょう。

実際には「肩」は回りません。だから「肩を回す」という表現はあまり適切ではない気がします。回るのは「肩関節」。従って「肩関節を回す」いう表現がより適切だと思います。

posted by プロゴルファーKAZU at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル