2012年04月03日

春先のゴルフ場

ゴルフはシーズンを通じて同じようなプレーをすることは難しいものです。特に春先の今時期が最も難しいゴルフを強いられます。

理由は芝の状態。日本のゴルフ場のフェアウェイは「高麗芝」、ラフの芝は「野芝」という種類が多く使用されています。そう、冬になると黄色く枯れてくる芝です。

この種類の芝は、毎年桜が咲き始める頃とほぼ同じに新芽が生え始めます。新芽が生え始めているということは、一方で、昨年の芝が最も枯れたり萎(しな)びていて、フェアウェイもグリーン周辺も、土がむき出しになっている場所が多くなる、ということになります。

芝が生え揃っているトップシーズン(6月〜11月)の芝が、練習場の綺麗なマットと同じ状態だとすると、春先の芝は「土の上」と似た状態。また、冬場の間は芝が生長しないので「ディボット跡(芝の削り跡)」も今時期が最多。さらに、5月の連休前後には、新芽に空気を吸わて根を張らせるために、まるで辺り一面カニの住家(すみか)でもあるかのような「エアレーション」という「穴」をあけます。

つまり「土がむき出し」「ディボット跡最多」「エアレーション」という、最も難しい条件が重なるのが4月〜5月上旬、つまり「今時期」だというわけ。

こうしたことから、この時期のゴルフは思うようにスコアがまとまりません。なので、工夫が必要です。例えば、フルショットをしない6〜7割のちから、いわゆる「クォーターショットでフォロースルーを抑える」、或いは「高い球筋を意識しない」「スィング中は膝(ひざ)から下を動かさない」など。いずれも芝が薄い・地面が硬い時に有効です。

また、普段は9番アイアンを手にする距離でも、8番・7番を持って「手前から転がす」心掛けでプレー。もちろん、グリーン周辺もPW・AW・SWは避けて、PT・7I〜9Iを使用することをオススメします。

春先のゴルフのスコアは、アベレージ100前後のゴルファーで平均的に5〜6打は違って(加算されて)きます。ですから、あまり結果にガッカリすることはありません。やっと暖かくなり始めたばかり。ゆっくりスタートしていきましょう。

■ 今日は、榛名山の「霞山カントリー」でコースレッスン。関東地方は「暴風大嵐」・・・だったようですが、ここはただの曇り・無風・雨降らず。同じ関東なのにホント超ラッキーな一日でした。

posted by プロゴルファーKAZU at 23:55 | Comment(1) | TrackBack(0) | ゴルフコース