2012年04月11日

ゆっくり振るために

安定したショットを続けるためには「ゆっくり振る」ことが大切です。その方法として「肩をしっかり回す」「ダウンでタメを作る」「ヘッドを静かに落とす」といったことは広く知られています。しかし、スィング中の動きの調整は練習場なら出来ても、いざ「ゴルフ場で実践」となると結構難しいものです。

ところで、そもそも「ゆっくり振れない」理由は、飛距離や方向が打つ前から気になって「早く結果を出したい・知りたい・飛ばしたい」といった心理状態によるものが大半。その気持ちがセットアップ動作(ルーティーン)を早くさせてしまい、その早い流れが結果的にスィングまで影響する、と考えらます。

そこで、試して頂きたいのは「スィングをゆっくり振る」意識だけでなく、「スィングを始めるまでの動作をゆっくりする」こと。例えば、野球のイチロー選手がバッターボックスに入る時、或いは大相撲の横綱・白鳳が土俵で仕切りに入る時、彼らの動作はとてもゆっくりです。余裕を感じます。

ゴルフに活かすなら、方向を決めてスタンスを取り、ワッグル(ヘッドを揺らす動作)をしてティクバックに入るまでの過程、そう、ショット前のルーティーンを行っているプロセス(セットアップ)を「ゆっくり」することです。この流れで、ボールをしっかり捉えて正確に遠くへ飛ばす為に不可欠なクラブの遠心力と身体の回転とのタイミングも合わせやすくなります。

また、実際にやってみると分かりますが、自然に心が落ち着いてきて、不思議と「飛ばしたい・結果を出したい」といった邪念が消えてきます。いつも「早い」と周囲に言われる、マイナスイメージが出やすい、という人はぜひ試してみて下さい。

但し、あまりにゆっくり過ぎてスロープレーにならないように気をつけましょう。

posted by プロゴルファーKAZU at 23:51 | Comment(1) | TrackBack(0) | スピリチュアル