2012年04月26日

ショートウッド

最近はプロでも3番・4番アイアンといったロングアイアンはクラブセッティングから外す傾向にあります。

ロングアイアンは長い距離でも「強弾道でグリーンに止められる」といった魅力があり、昔は多くのゴルファーが必ず持っていたクラブ。しかし、ロフト角の立っているロングアイアンは球を高く上げることが困難。ヘッドスピードやパワーがある男性ゴルファー以外は使いこなせません。なので「キャディバックに入っていただけ」だった人も多いことでしょう。

そこで、ロングアイアンの代用品として現れたのが「ショートウッド」。これまで主流のFW(フェアウェイウッド)3W・4W・5Wに、新たに6W・7W・9Wといった番手が加わりました。

ロングアイアンがソールが薄く(クラブヘッドの厚みが薄いこと)難易度が高いのに対し、ショートウッドはフェアウェイウッドを小ぶりにしたもの。ソールが厚いのでダフる心配は少なく、ボールは易しく上がるよう改良された低重心設計。だから、ヘッドスピードの足りない男性、或いは一般女性にとっても大変易しく使い勝手の良いクラブ。今や女子プロを中心に多くのゴルファーの必需品となっています。

実はこの「ショートウッド」、かなり前から存在していたクラブなのですが「初心者専用クラブ」といった考え方の風潮があって、プロはもちろん中上級者・特に男性からのニーズはほとんどありませんでした。

ところが近年、片山晋吾プロを筆頭に多くの女子プロが使用するようになって注目を浴びることに。各メーカーもニーズに答えて多様な種類を販売開始。ロングアイアンを使いこなせなかったゴルファー達とっては朗報で、時代はプライドより「初心者でも使える易しいものは中上級者・プロならもっと易しい」という単純明快な考え方にシフトしたという訳です。

ちなみに、ショートウッドを購入する際のポイントはロフト角。同じメーカー品の同シリーズならば気にすることはないのですが、番手によっては「5WがYAMAHA」で「7WがXXIO」というように異なるメーカーになることもあるはず。


しかし、販売される各ウッドのロフト角ば各メーカー基準であり統一ではありません。例えば、「メーカーAの5Wはロフト18度」に対して、「メーカーBの7Wは19度」だったり。この場合は距離の差はほとんどありません。稀に「ロフト角=7W5W」で「7Wの方が飛んでしまう…」なんてことも。つまり、ショートウッド選びは番手が先ではなく、ロフト角優先ということ。

番手ごとの距離をハッキリさせるには、男性で3〜4度、女性で4〜5度ロフト角に差のあるヘッドならOK。10〜15ヤードの距離の差が出ます。もし購入予定のある人は、重量やシャフトのしなり等クラブ性能の違いを含めて、お手持ちのクラブ(FW)との比較をショップのクラブアドバイザーに相談してみるのがベストでしょう。

posted by プロゴルファーKAZU at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | チェーンナップ