2012年05月15日

体幹動作と脊椎障害

ゴルフスイングはの回旋(かいせん)運動です。しかし、その回旋運動も体幹や脊椎を正しく動かさないと、腰痛や頸部(*1 けいぶ)痛など脊椎の障害が現れてきます。

腰痛は、アドレスの際に「膝を内側へ絞り、土踏まずに体重を乗せる」動作や、ティクバック中に「膝や腰を動かさず上体を捻転させる」などの動作によって起こります。このような動作では股関節や骨盤は動きません。にもかかわらず上体を捻転させれば、そのストレスは大きく脊椎〔特に腰椎部〕にかかります。それが積み重なってくると、椎間板ヘルニアや脊椎分離症などの腰椎障害が現れます。

頸部痛は「インパクト時は、ボールから眼を離さずに頭を残して振る」といった動作による症状。こうした動作は、体幹の動きと頭が逆方向に相殺して回転する動き。従ってその境目の頸部に大きな負荷が掛かり、それが積み重なると頸椎捻挫などの頸椎障害が起きます。

腰椎障害の防止は、アドレス時に股関節の可動域をしっかりと確保して骨盤の動きを開放すること。まず、アドレスの際に膝を「がに股」気味にリラックスさせ、足底は「拇指球・小指の付根・踵(かかと)」の3点にバランスよく体重が掛かるようにします。

さらに、腹筋の力を抜いて骨盤を前傾〔いわゆる臍下丹田の姿勢〕させます。こうしたセットアップにより膝・股関節・骨盤の可動域が確保され、バックスィング中の回旋運動による脊椎への負担は大幅に軽減されます。( 3/11 がに股打ち 参照)

頸椎障害の防止は、スイング中は頸椎部をリラックスさせて、頸椎部と頭部の回旋可動域を超えないこと。特にインパクト付近で頸椎は回旋可動域が最大に達するので、頭部はすぐに目標方向に向けるようにします。つまり、頭部は体幹の回旋運動による頭部重量と頚椎の可動域の影響で、僅かな瞬間その位置に留まっているように見える、というのが正しい体幹と頸椎の自然な回旋運動で、「頭を残す」もやり過ぎは良くないのです。

ちなみに、体幹の「回旋運動」は腕の「回旋運動」と同調することでクラブヘッドの動きとも調和し、より身体への負担のないスィングで「飛んで曲がらない」球筋を獲得するための重要な役割となります。( 3/14 肩の回転 参照)

*1【頸部けいぶ】・・・ 頭部と胸部との中間にある身体の部分。首の部分。

posted by プロゴルファーKAZU at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィジカル

2012年05月14日

プレッシャー

久しぶりのコンペだったり、大事な競技だったりすればプレッシャーに襲われることがあります。そんな時「プレッシャーを楽しむ」気持ちになることが出来れば、結果は良い方向に表れる可能性が高くなります。

「プレッシャーを楽しむ」とは、プレッシャーに襲われそうな状況になった場合にそれを解消し、楽しむ思考(方法)を身に付けること。例えば、右側は深い林が続くOBゾーン、左側は土手でセーフティゾーン(安全地帯)だったとします。この時「右へ打ってしまったらOBだ…」と考えるか「土手のある左に打っていこう!」と考えるか。或いは、OBを打ってしまった状況で「今日はこれでダメだ…」諦めてしまうのか「2打位なんとかなるさ!」と前向きに切り替えられるか・・・など。

一般的に、プレッシャーはあたかも外部から襲ってきたかのように感じてしまいがちですが、実は自分自身が勝手に作り出しているネガティブな感情。いずれの例も、状況認識を「脅威かチャレンジか」或いは「後ろ向きか前向きか」の捉え方がポイント。それぞれ心理的重圧はまるで違うので、同じ状況でもその後の結果が変わることが多いのです。

但し、心の持ち方だけで結果が全て変わるという訳ではありません。普段から工夫をした練習を積み重ね、正しくスィングや体力を身に付ける努力をしておかなければなりません。

また、ラウンドや練習中だけでなく、普段の生活の中においてもポジティブにチャレンジする心を常に持つことも大切。「どうせ…」とか「無理…」なんて言葉や感情は厳禁。何事にも勇気を持って「やってみよう!」「大丈夫、出来る!」と臨む気持ちが大切です。

最初は多少違和感があっても繰り返すことで、困難な状況でも自然にプレッシャーを楽しめるような心の持ち方が身についてくることでしょう。

posted by プロゴルファーKAZU at 00:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアル