2012年05月12日

水分補給

水分補給の重要性は、体内の水の働きとしての溶解作用・運搬作用・体温保持にあります。

「溶解作用」とは、体内で行う化学反応が全て水に溶けて初めて進行することをいいます。また、「運搬作用」とは体内における物質の移動・細胞内外の移動をつかさどり老廃物の排泄や栄養物質の運搬をする作用。そして「体温保持」とは、気温や室温が低下しても、水はその比熱が大きいために体温を低下しにくくさせる性質があり、体温が高くなっても皮質より汗を出し、気化熱を奪わせて効果的に体温を下げる作用があることをいいます。

特に、エネルギー代謝が亢進するため大量の熱が産生される運動時の体温上昇は、水分の摂取により効果的な発汗を促し、熱を放散させることにより抑制。従って、運動における水分補給は、体内の水分量を維持することを第一に考えなくてはなりません。

さらに、運動によって使用されたエネルギーや栄養素〔電解質・糖質など〕を水分補給の際に摂取することが、パフォーマンスを維持することだけではなく、脱水による熱射病や熱痙攣(ねつけいれん)などの防止も含めて重要な要素となります。

運動時における水分摂取の方法は、まず運動前から十分に水分補給をした上で運動を始めること。但し、運動直前や運動開始後の早い時期に糖質の多い水分を摂取すると、血液中のインスリンレベルが高くなって一時的な低血糖となりパフォーマンスを損なう可能性があります。また、インスリンの作用によって脂質の利用が抑えられ、グリコーゲンの利用が高くなり疲労しやくなるので注意が必要です。

運動中は、喉が乾いたという口渇感が起こってから水分を摂取するのではなく、定期的に水分を補給しなくてはなりません。また、運動中の水分補給は、電解質と糖質の補給をすることがパフォーマンスを損なわないためにとても重要です。なので、これらが含まれる「スポーツドリンク」を積極的に摂取するよう心がけましょう。

運動後に非常に濃い尿が少量しか排泄されなかったり、数時間も尿意を催さなかったりする場合は、運動中の水分摂取量が足りなかったことを意味します。運動後もスポーツドリンクを中心に、身体から失った水分を充分補給することが大切です。

posted by プロゴルファーKAZU at 11:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィジカル