2012年05月14日

プレッシャー

久しぶりのコンペだったり、大事な競技だったりすればプレッシャーに襲われることがあります。そんな時「プレッシャーを楽しむ」気持ちになることが出来れば、結果は良い方向に表れる可能性が高くなります。

「プレッシャーを楽しむ」とは、プレッシャーに襲われそうな状況になった場合にそれを解消し、楽しむ思考(方法)を身に付けること。例えば、右側は深い林が続くOBゾーン、左側は土手でセーフティゾーン(安全地帯)だったとします。この時「右へ打ってしまったらOBだ…」と考えるか「土手のある左に打っていこう!」と考えるか。或いは、OBを打ってしまった状況で「今日はこれでダメだ…」諦めてしまうのか「2打位なんとかなるさ!」と前向きに切り替えられるか・・・など。

一般的に、プレッシャーはあたかも外部から襲ってきたかのように感じてしまいがちですが、実は自分自身が勝手に作り出しているネガティブな感情。いずれの例も、状況認識を「脅威かチャレンジか」或いは「後ろ向きか前向きか」の捉え方がポイント。それぞれ心理的重圧はまるで違うので、同じ状況でもその後の結果が変わることが多いのです。

但し、心の持ち方だけで結果が全て変わるという訳ではありません。普段から工夫をした練習を積み重ね、正しくスィングや体力を身に付ける努力をしておかなければなりません。

また、ラウンドや練習中だけでなく、普段の生活の中においてもポジティブにチャレンジする心を常に持つことも大切。「どうせ…」とか「無理…」なんて言葉や感情は厳禁。何事にも勇気を持って「やってみよう!」「大丈夫、出来る!」と臨む気持ちが大切です。

最初は多少違和感があっても繰り返すことで、困難な状況でも自然にプレッシャーを楽しめるような心の持ち方が身についてくることでしょう。

posted by プロゴルファーKAZU at 00:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアル