2012年06月16日

ラウンドの心

ラウンド中の心の持ち方は大切です。一生懸命練習したら、なるべく早く成果を出したい、良いスコアを出したい、とは誰もが望むこと。このラウンドこそは、このホールこそは、このショットこそは、必ずや…と思うことでしょう。

もし、ミスショットが出れば振り返り「何が悪かったのだろう。リズムが早い?」「 ヘッドアップ?」「アドレスの向き?」「練習場では良かったのに…何でコースに来ると…」など、いろいろと反省しきりです。

しかし、アベレージゴルファーなら誰もが考えていそうなそんな思いは、残念ながら好結果を招きにくいのです。なぜなら、それは1球ごとにミスを修正してベストショットを求める考え方だからです。

本来、練習の成果がすぐにコースで表れることは稀で、次の段階として、練習場でのショット(課題)をコースでもう一度練習、チャレンジ・トライする必要があります。従って、コースでの実践練習した時の成功率こそが、現在の自分のショットレベルと判断できる訳です。

ゴルフ場に行く回数があまり多くない人にとっては、難しい話なのかもしれません。しかし、たまにはスコアを全く気にせず、午前中のハーフだけでもいいから、ミスしたって一切気にせず、何回も何度でも、今取り組んでいる課題をコースで試してみましょう。とにかく出来るまで「チャレンジ」です。

すると、必ず数回は成功を体験することが出来ます(その数はごく僅かかもしれませんが…)。その蓄積が自身の技術としては勿論、知識・感性の豊かさとなって実力になっていきます。

私達プロだって、例外ではありません。昔から同じようにそうやってコツコツ取り組んで来ました。そう、ゴルフだからこそプロセスが大事。結果や周囲に心乱されず、順序を踏んで焦らず行くがゴルフの王道です。

posted by プロゴルファーKAZU at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | アセンション

2012年06月10日

雨の日のゴルフ

関東地方もいよいよ「梅雨入り宣言」。とはいえ、どうせなら晴天の日に気持ちよくゴルフをしたいものですが、自然相手ではそう思惑通りにいきません。せっかくのゴルフが「また雨か…」となってしまった日には、まるで「雨女」や「雨男」になってしまったような気にもなります。(そんな人物は実際に存在する筈ないのですが…)

仲間同士のプライベートなゴルフなら「雨だから中止」ということが可能でも、コンぺや競技となれば、そうはいきません。大勢の人がその日に合わせて休暇をとり、練習をして色々な意味でコンディショニングを整えてくるのですから、「雨だから欠席します」なんてことは御法度です。

ゴルフは自然と上手に付き合うスポーツ。なので台風や大雨・大嵐、或いは健康的に問題がある場合を除き、多少の雨ならできる限りコースに出かけてみましょう。

当然、いつも通りのゴルフは出来ないかもしれません。傘を差し、レインコートを着用し、時にはビショビショ濡れてしまうことも。当然、ちょっとした覚悟が必要です。でも、この経験が「ゴルファー」として成長させてくれます。

もし、「雨の日」という悪コンディションにもかかわらず、集中力を切らさずに最後までプレーするよことが出来たら、或いは普段と同じようなスコアでラウンド出来たら。そう、大きな自身に繋がります。コンペの日が雨になっても心揺らぎません。つまり、雨の日に「慣れておく」ことがとても大切。そう、どうせプレーするならポジティブに「よし、今日は良い経験が積めるぞ!!」くらいの気持ちでチャレンジです。

ちなみに、雨の日のゴルフのポイントは…

@ ボールが飛ばない ----- 気圧や湿度・気温の関係でボールが普段より1クラブ以上飛ばなくなります。クラブは大きめを選び、フルショットせずに6〜7分の振り幅・力加減を心がけます。

A ライが悪い ----- 雨に濡れた芝や土は柔らかくダフりやすくなります。クラブは短く持ち、ボールはクリーンに(芝に触れず直接)ヒットするよう心がけます(少々難しいですが…)。また、手首はあまり使わず、身体の回転を意識するが吉。膝下のアクションを抑える(高さをキープする)ことも忘れずに。

B スコアが悪い ----- 雨の日は誰もがスコアを悪くしがち。普段スコア90の人が100以上になることも。なので、最後まで諦めず「集中力を持続」出来るかが成績を左右。 

posted by プロゴルファーKAZU at 01:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | アセンション