2012年07月30日

二重振り子

ゴルフスィングにおける二重振り子は、足腰や体幹の大きな筋肉で、腕とクラブのコック−*1)アンコックを利用した大きな力を発揮するために不可欠な動きです。

二重振り子は、バックスィングの頂点で最小になったコック角(<90度)を、ダウンスィングで鋭角に保ってグリップを加速、コック角が90度より広くなったらグリップを減速(アンコック)させる動き。

但し、この動きを実現するには、手首の6通りの動き(*2・下図参照)橈屈―尺屈、掌屈−背屈、回内−回外(リストターン) を上手に組み合わせることがポイントとなります。(この組合わせについての詳細は、後日また…)

しかし、グリップ(握り)が強すぎる人や初心者には、最初からなかなか手首を自由に動かすことが出来ず、スムースなアンコックは難しいものです。特に、回内−回外の動きはフェイスの向きを変化させるため、コック・アンコックが上手く出来てもフェイスの向きが狂ってしまうことがあります。

さらに、アンコックのタイミングが遅れるとフェイスが開いてトップしたり、早すぎるとフェイスがかぶってダフってしまいます。こうした点から、二重振り子の実現が難しく感じられる人は、始めから「二重振り子」を意識した練習よりも、「グリップを弱く、または優しく握る」といったことから練習してみると良いでしょう。
((2012/2/28)軽く握るわけ・参照)

ちなみに、先の二重振り子の図を見て「右腕の動き」と「左腕の動き」どちらの動きに感じましたか? 「ゴルフは利き腕」とか「左腕でスィング」という漠然としたセオリーより、単純に自分が感じた方の腕の動きを意識して、この二重振り子の動きを練習してみて下さい。今までにない感覚を掴めるかも知れません。

*1)アンコック・・・バックスィング時に曲けだ首を、ダウンスィング時に伸ばすこと。

*2)手首の6通りの動き・・・下図参照


posted by プロゴルファーKAZU at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | アセンション