2012年08月14日

ゴルフと甲子園

ロンドンオリンピックの後は「夏の甲子園」。

今は野球場では当たり前のように電光表示されている「スコアーボード」。しかし、私が高校生だった1983年の甲子園球場のスコアボードは、ひとつづつ丁寧な手書き作業でした。石膏(せっこう)で書かれた選手名や数字は雨が降ると溶け出し、まるで選手の滴(したた)り落ちる汗や涙を現しているかのように見えたものです。


また、身の丈を超える巨大なこの鉄板を差し替える作業は全て人の手によるもの。春の選抜大会はまだいいけれども、夏の甲子園となれば40℃を超える灼熱地獄。扇風機さえ備え付けられないような場所で、それはどれだけ大変な作業だったことだろうか...

そんな裏方で支えるの人々の苦労があったからこそ、スコアボードを含めた甲子園球場の威厳がずっと維持され愛され続けているということ、それはデジタル化であらゆるゆモノが便利な時代になった今でも、あの感謝の想いは忘れません。

そうした想いはゴルフでも同じです。早朝から毎日芝を手入れをしてくれるグリーンキーパーさんのおかげで緑美しいゴルフ場でプレーが出来る。また、笑顔で迎えてくれるフロントの人達。美味しく健康的な食事を提供する努力を惜しまないレストランのスタッフ。夕方、仕事を終えた後もディボット跡をひとつひとつ埋めて歩くキャディさんやマスター室の人達...etc。

そう、これらは全てアナログ「人の手と心」。だから、ゴルフ場に支払うお金は単なるプレー代ではなく、彼らへの「感謝金」なんですね。

ちなみに、1983年(昭58)を最後に甲子園球場の手書きスコアボードの歴史に終止符が打たれました。「古き良き昭和の象徴」は、翌1984年から電光スコアボードに替わり今に至っています。

posted by プロゴルファーKAZU at 17:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアル

2012年08月08日

ゴルフとサッカー

連日連夜、素晴らしい大熱戦を繰り広げ、日本国民を寝不足にしてくれている「2012年ロンドン五輪」。なかでも、女子サッカーはまるで仕組まれたかのように「2011年女子ワールドカップ決勝」と同じ、アメリカ代表との金メダルを賭けた大一番を迎えます。

さらに、男子は初のベスト4進出。残念ながら準決勝はメキシコに敗退したものの、3位決定戦は1968年メキシコ五輪以来44年ぶりの銅メダルを懸け、そう、相手にとって不足なし、最強のライバル「宿敵・韓国」と対戦します。

物凄い死闘が予想されるこの対戦も、結果はどうあれとても楽しみですネ。まだまだしばらく寝不足は続きそうです。(2012年8月8日現在)

ところで、まるで畑違いのように見えるサッカーとゴルフ。一見共通点などないように見えるこの二つの競技に、実はある共通点があります。

それは、ともに芝の上のボールをコントロールするという点。出来る限り遠くへ蹴ったり、味方の足元を狙ってミドルパスを出したり、ショートパスで転がしたり。また、フリーキックではゴールを狙って左へカーブさせたり右へスライスをかけたり...etc、と。

サッカー競技場とゴルフ場、或いはサッカーボールとゴルフボールといった、フィールドの違いや形の違いこそあれ、飛距離や方向性をコントロールするという点で共通しています。

例えば、ゴルフボールは小さなサッカーボール、スパイクを履いた右足はクラブヘッド。そして、太ももの付け根あたりがグリップで、そこから膝・足首までがシャフト。そして、サッカーボールを蹴るように、クラブヘッドでゴルフボールをショットする(蹴る)こと想像してみる。すると、テクニカルな動作イメージはまるで同じように感じてくるはずです。(未経験者の方、分かりずらくてゴメンナサイ...)

もちろん、サッカーだけでなく他の競技(球技以外を含む)においてもゴルフと共通する動作イメージはあります。過去に(現在も)経験したスポーツの中から、ゴルフとリンクする共通部分を探求してみると、ひょんな所からゴルフがもっと楽しめるような発見があるかも知れません。 (関連記事【2012/2/4】子供に学ぶ)

posted by プロゴルファーKAZU at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | アセンション