2012年08月29日

スイングと肩の痛み

ゴルフを続けていると、疲労による筋肉痛とは違った痛み、例えば関節痛や首痛・腰痛等を抱えてしまうことがあります。そんな時は、現在のスイングを見直す必要があるかもしれません。(以下、右利きの人を対象として)

中でも、多く相談を受けるのは左肩の痛み。ひどくなると首の付け根から肩甲骨周辺にかけて痛みやコリが広がり、いつも何か詰まっているような感覚になるのですが、その多くの人が「練習量が多いから」「ゴルフには付きもの」と諦めてしまっています。しかし、この症状は解消できる可能性があります。

実は、この症状の人のスィングにはある共通点が診られます。それはフォロースルーと腰の回転。意識してか無意識であるかは別として、「腰をしっかり回す」「フォロースルーを遠くへ伸ばす」といった動きだけが目立ち過ぎている点です。

勿論「その動きが間違いだ」という事ではありません。プロのスィング写真を参照しても分かるように、腰はしっかり回転しているし、フォローの腕は良く伸びています。しかし、それにも「程度」があります。腰は回転すればするほど良い、フォローの腕は延ばせば延ばすほど良いものではないのです。

腰の回転の基本は左右45度。そして、フォローで腕が伸びるのも正面から左へ45度。時計の文字盤ならば正面を12時として10時と11時の間まで。それ以上は「やり過ぎ」です。実際に計測しながらやってみると分かりますが、腰の回転45度はさほど大きな回転ではありません。また、フォローで腕が正面から左へ45度伸びた10時と11時の間の位置は、さほど遠く長く伸ばす位置ではありません。そしてこのポジションから先、フォローの動きに関しては左肘が曲がっていくのが自然な流れ。

つまり、左肩や首・肩甲骨周辺に痛みがある場合、インパクト以降の「腰の回転を控える」また、インパクト以降のフォロースルーは「左肘を早めにたたむ」。こうした動きが、症状の解消に繋がっていくと考えられるのです。

ちなみに、フィニィッシュの時に左肩と両腕を脱力すると上半身の回転が大きくなります。リラックス効果も加わって、痛みの解消だけでなく球筋にも良い効果が現れることでしょう。また、肩と腰の動き(回転)は、股関節の稼動域(稼働方法)とも密接に関係しています。
【関連記事】
[2012/03/11] がに股打ち
[2012/03/14] 肩の回転
[2012/07/16] フライングエルボー
posted by プロゴルファーKAZU at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィジカル