2012年10月27日

ハイエルボー

(以下、右利きの人を対象として)
「ハイエルボー」はトップオブポジションの左肘、及びフィニッシュ時の右肘の位置を高くキープするスィング・メソッド。トップオブポジションで右肘が高くなってしまう、或いはフィニッシュ時に左肘が高くなってしまう「フライングエルボー」の対義語にあたります。あまり馴染み薄い言葉かも知れませんが、負の動きを示す「フライングエルボー」に対し、正の動きを示す「ハイエルボー」は基本的な正しい身体とクラブの使い方をマスターする上でとても重要です。

トップオブポジションでの「フライングエルボー」を避けるため、一般的な対応策や矯正方法として、右肘は体の近くで出来る限り曲げて密着させたり脇にタオルを挟む練習方法などがあります。考え方としては決して悪くないのですが、同時に左肘まで体に密着したまま下がってしまってはバツ1。バックストローク(バックスィング)の左肘の動きに釣られて左肩も落ち(下がり)、身体の捻転や体重移動が不十分で窮屈なスィングになってしまいます。

一方、身体の捻転や体重移動を潤滑にするのが「ハイエルボー」。文字通り肘を高く使うメソッドです。先ず、左肩を地面と平行移動させながらバックストローク。この際、しっかり引いた顎(あご)を左肩で覆い隠すように、そして左肘はボールを指すようにします。また、ダウンからフォローにかけての動作も同様で、右肩は地面と平行移動、フィニッシュ時の右肘は身体の正面の高い位置で目標を向くようにします。

「ハイエルボー」のポジションが整ったフォームは、捻転の効いた力強いスィングで飛距離を伸ばします。もちろん慣れるまでは反復練習が必要ですが、特に飛距離の低下を感じている人には、是非トライして頂きたいスィング・メソッドです。

ちなみに「きゃりーぱみゅぱみゅ× バイト探しのan」のCMに出演し、現在ブレイク中のお笑い芸人コンビ「2700」の持ちネタ「右ひじ左ひじ〜交互に見て…」のダンス。まさしくあれが「ハイエルボー」のお手本。もしかすると本当は色々と深い意味が隠されていて、ただのお笑いネタと笑い飛ばすだけでは勿体ないのかも知れませんね。
【関連記事】
[2012/07/16] フライングエルボー
[2012/03/14] 肩の回転

posted by プロゴルファーKAZU at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル

2012年10月12日

ゴルフと喫煙

昨年の健康診断の際に「歳の割に血圧がやや高い。このまま10年15年と吸い続けていると確実に腎臓に負担が蓄積する」と医者に脅かされていたのがきっかけで、今年2月から禁煙を実施。

1980年代、日本専売公社のCMで「俳優・三浦友和」がCABIN85を一服する姿に憧れて吸ったのが最初。販売元の日本専売公社は、1949年(昭和24年)に大蔵省の外局である専売局を大蔵省から分離独立させて発足した特殊法人の公共企業体で、1985年(昭和60年)に日本たばこ産業株式会社 (JT) が設立されて解散。いわゆる「三公社五現業(さんこうしゃごげんぎょう)」の一つで、単に「専売公社」とも呼ばれた。

三公社五現業とは、公共企業体労働関係法、公共企業体等労働関係法、国営企業労働関係法、国営企業及び特定独立行政法人の労働関係に関する法律、或いは特定独立行政法人等の労働関係に関する法律(昭和23年法律第257号)の適用を受けていたか、現在も受けている公共企業体および国の経営する企業の総称のこと【Wikipediaより】。つまり、かつては「政府が率先してタバコを斡旋、若者を中心にCM等で喫煙者数を増大させていた。」というのだから驚きです。(純利益&たばこ税の二重取り。今では都市伝説かも…)

最近は「タバコを止めるならお医者さんと一緒(禁煙外来)」というのが主流。だから当初は「禁煙外来」で始めるつもりでいたのですが、「何とか薬に頼らずに…」なんてつまらない意地の方が勝ってしまい、先ずは自力禁煙からのスタート。

禁煙とはニコチン切れによる禁断症状との戦い。表現が適切でないかもしれませんが、例えば出来立てホヤホヤ大好物の「うな重」が目の前にあって、物凄く空腹なのに自分の意思で我慢して食べない、といった感じ。それは1日中続くのではなく周期的にやって来て、5〜20分間耐えていると治まってくる。ところがこの僅かな時間がとてつもなく長い。なので「ひと口くらいは…」なんて安易に火をつけてしまったらそれまで。その後は我慢が効かなくなり禁煙は失敗します。

これまでは何度も挑戦しては挫折の繰り返しだったのに、今回に限っては8ヵ月も継続中。長続きしている理由はよく分かりませんが、「あと半日だけ…」「あと一日だけ…」って過ごしているうちに今日まで至っている、というのが正直な話。或いは「また挫折するのでは…」なんて思いがあるので、あえて周囲には「禁煙宣言」はせずに「休煙中」とだけ言って、禁煙を重圧にしないでいるのも功を奏しているのかも知れません。

日を追うごとに禁断症状は減り、最近はほとんど出現せず。しかし、禁煙外来に勤める看護師さんによると、禁煙から半年〜1年間が最も「禁煙失敗」となるケースが多いとのこと。従って、本当に「禁煙成功」と言えるのは禁煙から2年後らしい。事実、周囲のタバコの煙が今でも「いい香り」に感じてしまう瞬間がある。だからやっぱり気は抜けない。それに健康は勿論「プロゴルファー」という自身の立場を省みていく意味も含めて、このまま2年後には真の「禁煙成功」を宣言したいものです。

【関連記事】
[2012/05/10] ゴルフと突然死
posted by プロゴルファーKAZU at 13:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルシー