2012年10月27日

ハイエルボー

(以下、右利きの人を対象として)
「ハイエルボー」はトップオブポジションの左肘、及びフィニッシュ時の右肘の位置を高くキープするスィング・メソッド。トップオブポジションで右肘が高くなってしまう、或いはフィニッシュ時に左肘が高くなってしまう「フライングエルボー」の対義語にあたります。あまり馴染み薄い言葉かも知れませんが、負の動きを示す「フライングエルボー」に対し、正の動きを示す「ハイエルボー」は基本的な正しい身体とクラブの使い方をマスターする上でとても重要です。

トップオブポジションでの「フライングエルボー」を避けるため、一般的な対応策や矯正方法として、右肘は体の近くで出来る限り曲げて密着させたり脇にタオルを挟む練習方法などがあります。考え方としては決して悪くないのですが、同時に左肘まで体に密着したまま下がってしまってはバツ1。バックストローク(バックスィング)の左肘の動きに釣られて左肩も落ち(下がり)、身体の捻転や体重移動が不十分で窮屈なスィングになってしまいます。

一方、身体の捻転や体重移動を潤滑にするのが「ハイエルボー」。文字通り肘を高く使うメソッドです。先ず、左肩を地面と平行移動させながらバックストローク。この際、しっかり引いた顎(あご)を左肩で覆い隠すように、そして左肘はボールを指すようにします。また、ダウンからフォローにかけての動作も同様で、右肩は地面と平行移動、フィニッシュ時の右肘は身体の正面の高い位置で目標を向くようにします。

「ハイエルボー」のポジションが整ったフォームは、捻転の効いた力強いスィングで飛距離を伸ばします。もちろん慣れるまでは反復練習が必要ですが、特に飛距離の低下を感じている人には、是非トライして頂きたいスィング・メソッドです。

ちなみに「きゃりーぱみゅぱみゅ× バイト探しのan」のCMに出演し、現在ブレイク中のお笑い芸人コンビ「2700」の持ちネタ「右ひじ左ひじ〜交互に見て…」のダンス。まさしくあれが「ハイエルボー」のお手本。もしかすると本当は色々と深い意味が隠されていて、ただのお笑いネタと笑い飛ばすだけでは勿体ないのかも知れませんね。
【関連記事】
[2012/07/16] フライングエルボー
[2012/03/14] 肩の回転

posted by プロゴルファーKAZU at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル