2012年11月30日

クラブヘッドのデザイン

最近のゴルフクラブには様々なデザインや模様が施されています。それは従来の飛距離や方向性の追求のみならず、ファッション性まで加味されています。普通は「お洒落に進化したハイセンスなゴルフクラブ」といった感覚で、それ以外はあまり気に留めないものですが、中にはナィスショットを導く「隠されたヒント」を表現しているクラブがあります。

写真はブリヂストン「ツアーステージ VIQ CL Driver 2012 Lady'sモデル」。このドライバーの上部中央には、ターゲット方向を示すような矢印模様に加え、トウ側(先端側)には左下がりのスジ状の模様、同様にヒール側(手前側)には右下がりの模様が描かれています。 

中央の矢印模様は「目標方向を示す」意味を持っていますが、私はまた違うイメージを感じています。例えば、この矢印が単なる模様ではなく、ヘッド内部にセットされている「金属製の矢」で、インパクト時に中から勢いよく飛び出して「ボールの赤道部分を貫通する」とします。また、上下に描かれているスジ状の2線は、共に方向性を良くするため軌道を表すライン(プロライン)で、ヒール側のラインは「バックストローク」、トウ側は「ダウンストローク」の軌道を示すラインと認識します。

しかし、これでは「インサイド」へ引いて「アウトサイドイン」に振り降ろす「8の字軌道」になってしまうと感じるかも知れませんが問題なし。実は、この「8の字」に感じる軌道が球筋を安定させる裏技的なテクニックで、それを暗に伝えているのです。

つまり、「金属製の矢」がセットされたクラブヘッドをヒール側のラインに沿ってインサイドにティクバック。ダウン時にはトウ側のラインに沿ってアウトサイドから振り下ろし、この矢が勢いよく飛び出してインパクト時にボールの赤道部分を貫通、矢の刺さったボールはそのまま真っ直ぐに飛び出していく、というイメージです。

このように、一見突拍子もないような発想でも、常識的な見解や感覚に囚(とら)われないことで、クラブヘッドに描かれた模様やデザインまでもフル活用出来る。想像力を大いに働かせてナィスショット。こんな方法を実践してみるのもゴルフの幅が広がって楽しいかも知れませんね。

【関連記事】
[2012/03/21] パターのロゴマーク

posted by プロゴルファーKAZU at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | アセンション