2012年12月30日

新時代のゴルフ

2009年末に公開されたハリウッド映画「2012」。この映画は、2012年に地球規模の大変動・天変地異が起こり「人類が滅亡する最後の日」を描いたものでした。この映画が古代マヤの長期暦、5125年の最終日2012年12月21日と関連付けて製作されていたこともあって、世界中の人々に恐怖と心配の種を撒き散らす結果となっていました。しかし、今こうして生きているのだから「マヤ暦の終わりは世界の終わりではない」のは明らかで、世界も我々の生活もきっとこのまま続いて行くのだろうと、ほんの少し「ホッ」とした想いを抱いている昨今です。(^ ^;)a

実はマヤの長期暦の最終日が表していた真実は、これまで人類が追い求め発達し続けてきた資本主義経済社会や物質文明の終焉を告げる日。それは新しい世界秩序と価値観が生まれ融合する始まりで、人類がこれまで失ってきた本来持つべき愛・調和を取り戻し、そして精神的な成熟過程に入るため、人類の生き方の大いなる方向転換が始まる日だと言われています。

民主党に国民の厳しい審判が下り、再び日本の政権与党となった自民党。一方、同盟国のアメリカはオバマ大統領が再選を果たし、尖閣問題で軍事衝突も辞さない構えを見せた中国は周金平が国家首席へ就任。また、お隣り韓国では朴槿恵が初の女性大統領に選ばれ、ミサイル発射騒動で近隣諸国を振り回した北朝鮮は、故金正日の三男・金正恩が後継者に。そう、まるで申し合わせたかのように時期を同じくし、色々な意味で日本と密接な関係のある諸外国のトップが代わったり再任を果たす。これが単なる偶然として片付けられるでしょうか。だとすると、これこそマヤの長期暦の云う新しい世界秩序と価値観が生まれ融合する始まりなのかも知れません。

実は、ゴルフに於いてもちょっした関連性があります。例えば、スコア第一主義で競技思考のAさんと、健康第一主義でスコアは二の次にしているBさんの二人。「Bさんはスコアのこだわりが無いから、精神的に楽だろう…」と羨(うらや)むAさんに対し、「Aさんは競技に出ているからルールにシビアだなぁ…」とルールに疎(うと)いBさん。しかし、多くの場合「彼は私とは違うから…」とお互いの価値観を享受することは殆どありません。かといって、似た者同志集まってプレーしたところで精神的には「楽」ですが、プレーヤーとしての精神的な「成熟」はあまり期待出来ません。

でも、AさんがBさんのようにスコアへのこだわりを一旦消し去れば、競技の過度な緊張感やストレスを和らげるプレーコントロールを可能に出来るかも知れません。一方、BさんはAさんのように少しルールにシビアになれれば、緊張感の中でスコアを作る新しいプレー感覚を味わえるかも知れません。

そう、これからはレベルや目的などに関係なく、互いをポジティブに認め合い高め合う精神的な成熟度を確立する。世界の国々も我々ゴルファー達も、きっとそんな新しい時代へと動き始めていくのだろうと信じています。

【関連記事】
[2012/03/02] Win-Win Lesson
[2012/01/31] 始めの一歩

posted by プロゴルファーKAZU at 03:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアル

2012年12月19日

アイアンの進化

ドライバーの目まぐるしい進化に負けず劣らず、アイアンも飛躍的な進化を遂げています。ヘッド素材的には(軟鉄やステンレス合金など)昔との差はあまり見られませんが、各メーカーの企業努力により導入した最新テクノロジーによるコンピューター解析&設計で、操作性がより易しく、そしてボールはより高く遠くへ飛ばせるよう開発された製品が続々と登場しています。

ボールが高く上げられるようになったということは、必然的にロフト角を立てる(小さくする)ことが可能になります。これがアイアンの飛距離を大きく伸ばした最大の要因(ストロング・ロフト)。更に、シャフトの軽量化でクラブの長さが0.5インチから1インチ程長くなったことも助太刀(すけだち)しています。(1インチ=約2.5cm)

たった0.5〜1インチだけシャフトが長くなったとしてもスィングプレーンはフラット(横回転)に変化します。なので、身体の動きも横回転するのが自然。ツアープロのスィングがまるでコマのように「クルッ、と」回転して見えたり、ティクバックでクラブヘッドを開いたり(上向き)、フォローで閉じたり(下向き)するのは、最新アイアンを上手に使いこなすためのメソッドだと言えるでしょう。

一方、昔のクラブはシャフトが短く、ロフト角も現在のクラブよりも大きくフェイス面は上向き。従って、スィングプレーンも現在よりアップライト(縦回転)の方が自然で、ティクバックではクラブヘッドを「真っ直ぐ」、インパクト以降のフォローも「真っ直ぐ」出すスィングイメージが一般的なメソッドだったのです。

こうして、最新テクノロジーによる「飛距離・方向性・易しさ」を兼ね備えた現代のゴルフクラブは今後も進化をし続け、あらゆるゴルファー達の期待に応えていくことでしょう。しかし、高性能を持つゴルフクラブに依存し過ぎないよう節度が必要です。なぜなら、自分自身の実力を磨く努力を日々続けていくことが優先されるべきだからです。

【関連記事】
[2012/03/28] 道具の進化
[2012/06/05] 飛距離の進化

posted by プロゴルファーKAZU at 18:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | アセンション