2013年10月31日

スィングプレーン

ゴルフスイングの修正方法の1つとして、スイングプレーンのチェックがあります。スイングプレーンとは、クラブヘッドが描く、例えばドライバーなら直径約2mのフラフープのような大きな円軌道のこと。地面にあるボールの位置を最下点として、垂直に立てたそのフラループを体がすっぽり入るよう約30度(首の後ろあたりまで)傾けたイメージです。また、スイングプレーンに添ってクラブヘッドが正確に弧を描くことを「オンプレーン」といったりします。(以下、右利きの人を対象として)

スイング中のクラブヘッドの軌道がスイングプレーンを外れると球筋が不安定になります。その外れ方は、ダウンスイング時にプレーンの内側から⇒フォロースルーでプレーンの外側に外れる「インサイドアウト」。そして、ダウンスイング時にプレーンの外側から⇒フォロースループレーンの内側に外れる「アウトサイドイン」に二分されます。

そこで球筋が不安定なとき、この2つのどちらに自分の状態があるのかを知ることが出来れば、解決策の1つの目安になります。例えば、オンプレーンからインサイドアウトに軌道が外れている時、@ダフる A弾道が高すぎる Bフィニッシュで体重が右足に残ったままになる Cフックボールが大きくなる D振り切れない Eいきなり球が右に飛び出す…etc、といった症状が現れます。

一方、オンプレーンからアウトサイドインに軌道が外れている時、@ターフが深く取れすぎる A弾道が低過ぎる Bフィニッシュで体が左に突っ込む Cスライスボールが大きくなる Dフィニッシュが低い Eいきなり球が左に飛び出す…etc、といった症状が現れます。

しかし、これらの症状に当てはまらない、或いは不明である場合には、例えばボールの後(右側)に横向きのはがきを置いたイメージで、その右端、はがきの両角にあたる二箇所にペットボトルのキャップを置いてスィング、どちらのキャップが気になるかで判断することが出来ます。

仮に、右下のキャップAが気になった場合は「インサイドアウト過ぎる軌道」であると判断。一方、キャップBが気になった場合は「アウトサイドイン過ぎる軌道」だと判断、どちらも気にならなければ「オンプレーン」だと判断が出来ます。

さぁ、自分の軌道がどちらに外れているのか判断がついたら今度は軌道修正です。

で、この修正方法、実は至ってシンプル。そう、外れた軌道が「インサイドアウト」だった場合は「アウトサイドイン軌道でスィング」してみる。また、「アウトサイドイン」軌道に外れていた場合は「インサイドアウト軌道でスィング」してみる、ということだけ。

ただ、こうして活字で聞くと簡単な感じがしますが、実際にやってみると結構な違和感を覚えます。なぜなら、どうしても「今までの軌道の方が正しいのでは?」と感じてしまうから。なので、結果を考えずに大胆に軌道修正をする気持ちが大切です。また、鏡を見たりコーチングを受けることも感覚の違いを認識できる近道です。

posted by プロゴルファーKAZU at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | アセンション