2014年06月25日

2014ワールドカップ

眠い目をこすりながら日本全国の方々が早朝から応援していたサッカーワールドカップ。しかし、残念ながら我が日本チームは予選敗退となってしまいました。昨年あたりからFIFAランキング上位のチームにも引け劣ることなく良い勝負をして、日本サッカー史上最強チームと期待されてきただけに、この結果は本当に残念だったですね。

私はサッカー経験がほとんどないので技術や戦略で専門的な事は言えませんが、選手選手が口を揃えて「自分たちのサッカーをすれば優勝もできる」と言っていたことが少し気になっていました。

優勝するには、当然グループリーグを突破して、準々決勝→準決勝→決勝と駒を進めなければなりません。その前に確実にグループリーグ突破は必須で2勝はしたいところ。しかしグループの中でも最も実力のある第3戦のコロンビアを考えると、1戦目のコートジボワール、2戦目のギリシャ、この2チームには取りこぼしたくない。なので「2勝1分け、或いは最低でも2勝1敗で突破する」。こんな心が選手の中に、たとえ口には出さずともあるとイヤだな、なんて思いがありました。

スポーツ心理学的に言えば、これは「自らにプレッシャーをかける」考え方。それに周囲も過度に期待をしてしまいます。もちろんその通りになれば問題ないでしょう。しかし、世界各地で厳しい予選を戦い勝ち抜いてきた世界の上位チームに対し、そのような卓上計算が当てはまる筈はありません。

阪神淡路大震災や東日本大震災など大きな危機さえも、我々は謙虚に受け止め冷静に前向きにコツコツと乗り越えてきたように、日本人の本来持っている民族気質を考えると、勝つことを前提とした考え方を前面に出していくよりも、いろいろな問題やトラブルが起きることを前提として臨機応変に対処をして、クールに燃えて淡々とプレーをこなしていく、といったスタイルの方が世界に負けない独自の強い日本サッカー代表になるのでは、といった気がします。

しかし、ワールドカップ出場が目標だった20年前よりも格段に力が伸びているのも事実。また、ヨーロッパやアジアのチームが軒並みにグループリーグ敗退をしている現状を見ると、南米独特の高温多湿の気候や風土にコンディショニングを合わせていくのも大変難しかったことでしょう。もう終わったことは切り替えて、また四年後のワールドカップには再び日本中が熱狂できるようなプレーを見せてもらえるよう、希望を持って応援していきたいと思います。


posted by プロゴルファーKAZU at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | アセンション

2014年06月13日

梅雨のゴルフと対策

今年の春先は乾燥が続いていたので、成長著しい今時期の新緑の芝にとっては恵みの雨なのですが、私たちゴルファーにとっては全く鬱陶(うっとう)しい限りの梅雨ですね。

今年2月の豪雪の影響だと思うのですが、例年にない豪雪の重さでかなりの圧力が掛かり、ゴルフ場の地面は硬く締まってしまっていました。なので、芝にとっては新芽の成長(根を伸ばすこと含む)が遅れてしまう状態になっていたのは確かで、それに伴ってライ(ボールの置かれている芝や地面の状態)も悪くなりがちです。この間(ここに2,3ヶ月)は特にトップボール系のミスが多くなって、普段イメージしているような内容のゴルフが出来ずにガッカリ、なんて人もきっと少なくなかったことでしょう。

しかし、このところの長雨で硬くなってと地面は緩み、現在の芝は生き生きと成長しています。悪かったライは次第に改善され、梅雨が明けた頃にはきっと気持ちよくプレーできるような状態が戻ってくることでしょう。

とはいっても、梅雨明けまでのあとひと月のゴルフをどう乗り切るか。地面が緩んでいるコースには、メンテナンスの都合刈り機をフェアウェイに入れることが出来ません。当然、芝は伸び放題になるので、フェアウェイかラフかも区別がつかないような状態に。通常の芝の状態なら、多少ダフっても本来クラブヘッドが持っている役割でソール(バンス)が滑ってくれるので、ある程度のミスはミスにならない(感じない)のですが、この時期はまた別。春先のゴルフとは一転して、ダフリやチョロのミスが出やすい状況なのです。

そこで、対応策としては「ボールをクリーンに捉える」ようにします。「クリーンに捉える」というのは簡単ではありません。難易度高です。意識してすぐに出来ることではないので、練習時から慣れておくことが必要ですが、ダフりやすい状況下では不可欠なショットなので、少々トップボールになっても構わない覚悟で、思い切って打ってみましょう。

その方法論としては、

@テークバックで右膝(角度)をしっかりさせる。
A体の捻転はしっかりさせるものの、トップの位置はあまり大きくしない。
B前掲の角度保ち、フォロー位置を低くとる。

といった点が特に重要で、この他「力を入れない、飛ばそうとしない」といった心理的な部分も当然ながら重要。また、無理せず大きめの番手を選ぶ、キャリーボールで飛距離を計算する、などといった戦略も必要となります。

ゴルフは年間を通じて、スコアを出しやすい時期、出にくい時期があります。低い湿った雲りの日、或いは雨天の時には普段よりボールが飛びません(気圧の関係上と思われます)。また、地面も緩んでいるのでボールも転がりません。そこに各個人の調子の良し悪しが複雑に絡んできます。そんな考慮をしつつ、客観的に自分を見つめて柔軟に対処することができれば、抜群に安定したゴルフが出来るようになることでしょう。

ちなみに、大リーグへ行っても日本での大活躍をそのまま邁進し続けているマー君ことニューヨークヤンキースの田中将大投手。そのチームメートで球界の至宝イチロー選手のコメントに興味深いものがありました。「田中には豪速球でバッターを三振の山でなぎ倒してるようなイメージがあったが、一緒にプレーをして何故あれほど勝ち続けるのかがよくわかった。プロとは言え、調子の悪い時も当然ある。しかし、調子の悪い時に乱さず自分のプレーの組み立てを変えて、どうゲームを良い方向に進めるか、その切り替えがまるでベテランのように上手い。分かっていながら自分でもできないことが多いのだが、彼にはそれができる。そこが凄い。」ぜひ、真似していきたいところですね。(^_^;)


posted by プロゴルファーKAZU at 15:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | スピリチュアル