2015年02月05日

スコアメイク

良いスコアを出すためには、ナイスショットを重ねて真っ直ぐピン向かって攻めていく、といったような技術力や正確性に頼ったプレースタイルになりがちですが、多くの場合そう思うようにはいかないものです。もちろん、過去のベストスコアを更新したい、全てナイスショットでBIGスコアが欲しい、とは誰もが願うもの。しかし、調子の変動の多いゴルフは思いと裏腹の結果になってしまう方が現実的には多い訳で、これを心得た上で、自分のレベルに合わせた戦略をきちんと立ててプレーに挑む。そのほうが安定したスコアを獲得できる、即ちスコアメイクできる可能性がずっと高くなります。

スコアメイクをするには、先ず「自分のアベレージ(平均値)を上げる」という考え方へとスィッチを切り替える必要があります。例えば、アベレージ「100」の人が過去のラウンドを振り返った時、不調時には105や110といったスコアがあり、一方、好調時には90や95といったスコアもあったことを保存しているスコアカードがあれば確認します。つぎに、毎度なりがちな「ベスト90を更新するんだ!」或いは「90台前半を出すぞ!」といった具合に良いスコアだけを意識したプレーイメージを頭の中から消します。そして、あくまで過去のラウンド回数のスコア平均値「100」、これが現在の自身の実力であることを冷静に受け止めます。

ここで注目すべきは、好調時のスコアでなく不調時の「105」や「110」といったスコア。こちらのスコア側を1つでも2つでも良くしていく事に目を向けます。平均値を上げるためには、良いスコアを多く出すイメージを意識するより、実は悪いスコアを底上げする方がずっとやりやすいのです。

avrage.jpg

そこで実践して頂きたいのが「自分のパープレー設定」という戦略法。仮にアベレージ「100」の人なら、1つ平均スコアを伸ばした「99」が設定値。これが自分のパープレー(±0 Even Par)です。この「99」はスコアカードの「Par72」に対して「プラス+27」。つまり「ハンディキャップ27」。たとえパーがなくても18ホール中、9ホールが「ダブルボギー(+2)」、残りの9ホールが「ボギー(+1)」でラウンド出来れば「99」になる訳です。だから、本来の「Par」に対し、ダブルボギーでよい9ホールは「+2が自分のPar」、ボギーでよい9ホールは「+1が自分のPar」と設定するのです。

score-card.JPG

ゴルフ場でスコア記入するスコアカードをよく見ると、ホール・ハンディキャップ(HDCP)(※1.参照)が数字(1〜18)で記載されています。これを参考に、難易度の高いHDCP1〜9のHoleは「+2」、HDCP10〜18のHoleは「+1」として自分のパーを設定します。例えば、上のスコアカードで設定するなら、HDCP1 No.4 395y Par4⇒「Par6」、HDCP3 No.1 542y Par5⇒「Par7」、HDCP14 No.13 146y Par3⇒「Par4」といった具合です。従って「Par6」と設定したNo.4 395y Par4を「6」で回った場合、本来のParに対しては「+2」でダブルボギーですが、設定した自分のパーに対しては「±0・Par」となります。もし「5」で回った場合は「-1・Birdy」となる訳です。あとは、同様に全てのHoleで「自分のパープレー設定」に従って徹底したプレーを続けます。これなら、ミスショットへの許容範囲を広げられ、本来の「Par」の束縛から自分を解放してあげることまで出来るのです。

これまでのように「ダブルボギーだったョ...」とか「トリプルも叩いちゃった...」など意気消沈しやすい言葉はもう言う必要はありません。単純にそのHoleのスコアを「5です」或いは「6です」と堂々と言えば良いだけ。心の中では静かに「私はParだ」とか「Bogeyだ」と思って、クールに燃えて淡々とプレーを続けていけばいいのです。結果、もしスコア「98」だった場合は「自分のパープレー設定」に対して「-1」。ベストスコアでなくても、平均ストロークに対して1つでも伸ばせたならスコアメイクは「大成功」です。そして、この「-1」が次第に積み重なってきたら将来的に「自分のパープレー設定」を見直していけば良いのです。

ちなみに「今日は調子が悪い。良いスコアは出せないな…」と思っても、諦めたり投げやりなることをせず、「よし、悪いなりにベストを尽くしてみよう。「自分のパープレー設定」に対して、少しでも+オーバーにしないようにするんだ!!」とチャレンジ精神に心に切り替えましょう。たとえ調子が悪い日だとしても、我慢のゴルフでスコアが乱れなかった日は、良いスコアと変わらぬ自信に繋がるもの。時にゴルフも「果報は寝て待て」なのです。

-------------------------------------------------------------------------------------------
※1. ホール・ハンディキャップ
基本的にはホールの難易度を示す数字で、数字が小さいほど難しく、大きいほど易しいホールを意味します。但し、本来はマッチプレー競技(ホールごと の勝敗を競い、より多くのホールを勝ったプレーヤーがマッチに勝つというゲーム形式)に使うためのもので、例えば競技者のハンディキャップの差が4だった場合、ハンディキャップ(HDCP)1〜4の数字の各ホールで1打づつのハンデをつけるための数字。また、ハンデキャップホールが後半などの一箇所に集中して競技の前半で決着がつくことの無いよう、3ホールごとにバランスよく分散させて実力差に対して公正を期すようにしてあります。なので、必ずしもホールの難易度とは正確には一致するとは限りません。

  
posted by プロゴルファーKAZU at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | アセンション