2014年06月25日

2014ワールドカップ

眠い目をこすりながら日本全国の方々が早朝から応援していたサッカーワールドカップ。しかし、残念ながら我が日本チームは予選敗退となってしまいました。昨年あたりからFIFAランキング上位のチームにも引け劣ることなく良い勝負をして、日本サッカー史上最強チームと期待されてきただけに、この結果は本当に残念だったですね。

私はサッカー経験がほとんどないので技術や戦略で専門的な事は言えませんが、選手選手が口を揃えて「自分たちのサッカーをすれば優勝もできる」と言っていたことが少し気になっていました。

優勝するには、当然グループリーグを突破して、準々決勝→準決勝→決勝と駒を進めなければなりません。その前に確実にグループリーグ突破は必須で2勝はしたいところ。しかしグループの中でも最も実力のある第3戦のコロンビアを考えると、1戦目のコートジボワール、2戦目のギリシャ、この2チームには取りこぼしたくない。なので「2勝1分け、或いは最低でも2勝1敗で突破する」。こんな心が選手の中に、たとえ口には出さずともあるとイヤだな、なんて思いがありました。

スポーツ心理学的に言えば、これは「自らにプレッシャーをかける」考え方。それに周囲も過度に期待をしてしまいます。もちろんその通りになれば問題ないでしょう。しかし、世界各地で厳しい予選を戦い勝ち抜いてきた世界の上位チームに対し、そのような卓上計算が当てはまる筈はありません。

阪神淡路大震災や東日本大震災など大きな危機さえも、我々は謙虚に受け止め冷静に前向きにコツコツと乗り越えてきたように、日本人の本来持っている民族気質を考えると、勝つことを前提とした考え方を前面に出していくよりも、いろいろな問題やトラブルが起きることを前提として臨機応変に対処をして、クールに燃えて淡々とプレーをこなしていく、といったスタイルの方が世界に負けない独自の強い日本サッカー代表になるのでは、といった気がします。

しかし、ワールドカップ出場が目標だった20年前よりも格段に力が伸びているのも事実。また、ヨーロッパやアジアのチームが軒並みにグループリーグ敗退をしている現状を見ると、南米独特の高温多湿の気候や風土にコンディショニングを合わせていくのも大変難しかったことでしょう。もう終わったことは切り替えて、また四年後のワールドカップには再び日本中が熱狂できるようなプレーを見せてもらえるよう、希望を持って応援していきたいと思います。


posted by プロゴルファーKAZU at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | アセンション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/100469375
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック