2014年08月07日

暑中お見舞い

「最高気温記録更新」なんてニュースが続く連日猛暑続きの日本列島ですが、こんな陽気ではなかなかゴルフ場に行くのも身体がついていけないですね。夕方、幾分涼しくなってからせめて「練習でも…」といったところだと思います。熱中症など健康管理には皆さんくれぐれもお気をつけ下さいね。

健康管理のマイブームは「生ゴーヤジュース」。以前、当ブログでもご紹介させていただきましたが、今でもまだ続けています。中身の種だけ取り出したら、後はブツ切りにしてミキサーへ。超軟水のミネラルウォーターを加えただけのシンプルなジュースで、まあ、お世辞にも「美味い」なんて言えません。

「良薬口に苦し」とはこれのことと言い聞かせ、嘘か誠か「天然の植物性インスリン」なんてネットの何処かで見た文句を間に受けて今まで飽きずに続けてきた訳ですが、「中年男のポッコリお腹」にならず、「中性脂肪標準値」もちゃんと維持出来ているのを考えると、どうやら体に良いのは確かなようです。

最近はグレードアップして「大麦若葉の青汁粉末」と一緒に混ぜて飲んでいます。これが不思議とゴーヤーの苦味な青臭さを消してくれて、シンプルな「生青汁ジュース」に変身。栄養価もアップして飲みやすくなるから一石二鳥。これなら皆さんにもオススメ出来ます。ハチミツで甘さを加えたら、まるで「抹茶ジュース」に感じるかも⁈

また、この時期はスタミナをつけたいところです。それには良質のたんぱく質をしっかり補給することが大切だと言われています。たんぱく質はカラダを構成するのに必要不可欠な栄養素で約20種類のアミノ酸で構成され、中でも食事から補う必要がある「必須アミノ酸」をバランスよく含んだ動物性食品は、卵・牛乳・ササミなどが特に理想的な食品だそうです。

ただし、贅沢でとっても美味しい「霜降り和牛」などは誰もが毎日でも食べたい動物性食品ですが、健康管理を考えれば「たまには...」にしておいて、やはり、良質のたんぱく質を含んでいて脂質の少ない、鳥・豚・牛肉いずれもササミや赤身肉を積極的に摂取するのが吉。それでも肉類などの動物性食品が不足がちな時、私の場合は良質の「アミノプロテイン」の粉末を豆乳に溶かして摂っています。味はというと、飲料用「カロリーメイト豆乳風味」といった感じでしょうか、個人的には結構好きです。

一方、植物性食品は動物性食品と比べるとアミノ酸は低いようですが、豆乳などの豆製品などを取り入れることでコレステロールや脂質が多くなりがちな動物性食品とのバランスがしっかれとれるようです。

そんなわけで、まだまだしばらくは猛暑も続きそうですが、元気にまたお目にかかれる日を楽しみにしております!(^^)/~~~

posted by プロゴルファーKAZU at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルシー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102201582
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック