2018年01月09日

フェイスブログレッション

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2017大晦日、いつものようにNHK紅白のあとは「ゆく年くる年」。遠くで聞こえてくる祭囃子(まつりばやし)に誘われるように、年が明けると近所の神社に初詣に出かけます。

nakayama_kaji5.jpg手水を済ませ、鳥居の先のやや急な石段の途中で10分ほど待つ。心なしかいつものように大勢の参拝客で賑わっていないようす。粛粛と御祈願を済ませると、境内の東側から威勢のいい自治会の青年団が、つきたてのお餅の入った「お雑煮」と「甘酒」を参拝客一人一人に振舞ってくれる。パチッ、パチッと時折り聞こえる焚火の火花をチラリと気にしつつ、「また年が明けたなぁ…」としみじみ感じて。

曜日の巡りで今年は例年より少々長めのお正月で、翌2日は、駅前の評判の良い中華飯店で身近な親族と初顔合わせするのがすっかり恒例となった。肝心なゴルフというと暫く練習不足で、パソコンの前にいる時間を少し減らして、そろそろ重たくなってしまった腰を上げようと思っている昨今です。

さて、2018年の最初は「フェイスブログレッション(FP値)」についてお話します。

FP値とグース.jpg

クラブヘッドのリーディングエッヂからシャフトセンターまでの幅の数値を「フェイスプログレッション(FP値)」といいます。また、ヘッド形状を「グースネック」「セミグース」「ストレートネック」といいますが、この「グース」とは、ホーゼル(ネック)外径側(左側面)からリーディングエッジまでにある間隔のことをいい、別名「オフセット」とも呼ばれていて、フェイスブログレッションと密接に関係しています。

「グースネック」は、ホーゼル外径側からリーディングエッヂまでの幅が長く、FP値は小さいタイプが多くみられます。また、「セミグース」は、ホーゼル外径側からリーディングエッヂまでの幅がグースネックタイプより少し短く、FP値はやや大きめに表されます。そして、「ストレートネック」はホーゼル外径側からリーディングエッヂまでの幅が狭く、FP値は大きめに表されます。
(※スリクソン2016Zシリーズアイアン参照)

srixon.jpg

FP値は、0.0〜7.0以上(単位mm)で表され、また番手やネックの太さによってミリ単位もそれぞれ変わり、例えば、グースネックのクラブでもFP値は 5♯アイアン<6♯アイアン<7♯アイアン、といった具合にショートアイアンになるにつれて大きくなっています。これは、ロフト角が大きくなる番手(5番より6番、7番より8番)ほどボjushinkaku.jpgールとフェイス面の摩擦が大きくサイドスピンが少なくなる(ロングアイアンほど右へ、ショートアイアンほど左へボールが行きやすい)ので、少しずつFP値を調整することで「重心角」を変えて、全ての番手のボールの捉え方が安定させる目的があるからです。

「グースネック」のクラブはボールを包み込むように捉えやすく(左へ行きやすい)、ミートポイント(ボール位置)がスタンスの中央寄りになるので低弾道になりやすい、といった特徴があります。また、ドローボールが打ちやすかったりインパクトゾーンを真っ直ぐに捉えやすく、右へのミスやスライスが出にくいので、初級者向きと言われています。

22_02_image18.jpg「セミグースのクラブ」は、グースネックよりややストレートに近い形状で、ボールを包み込みがグースネックよりも少ないイメージです。ミートポイント(ボール位置)はややスタンスの中央寄りで、中弾道になりやすい特徴があります。また、インパクトゾーンをストレート軌道にしたり、またヘッドの開閉を少し行うことで、軽いドローや、フェードが打ちやすくなります。色々なスィングに適応できることから、中上級者向きと言われています。

「ストレートネック」は、文字通りシャフトとリーディングエッヂのラインがストレートに見えます。ミートポイント(ボール位置)はスタンスの左寄りになります。また、ボールが捉まりにくく右へ飛び出しやすい、高弾道になりやすい、フェードが打ちやすい、といった特徴があります。また、クラブの開閉を積極的に行うことで、ドロー・ストレート・フェードと色々球筋を打ち分けたり、弾道の高さを変えたりと、様々なテクニックを使えることから上級者向きと言われています。

形状タイプ別一覧表.jpg

つまり、グース(オフセット)が大きめでFP値が少なくなるほど、よりグースネック寄りの見え方が強くなり、グース(オフセット)が小さめでFP値が大きくなるほど、よりストレート寄りに近いネックに見える、という訳です。一般的には、自分のクラブがグース・セミグース・ストレートのどのタイプで、どんな球筋が打ちやすいのか、そしてFP値とは何を意味するのか、といった点を知っていれば良いでしょう。

ちなみに以下、私が使っているホンマのアイアンTOUR World TW727M の調整表(抜粋)です。ストレートネックタイプですが、セミグース系だったので、しっかりフェイスターンさせても引っかからないように、番手別に0.5〜1.25mm出荷時より大きく、Just0.25mm刻みでFP値をチューニングしてもらいました。なので、ばっちりフェードが打ちやすくなっています。そう、私はフェード中心のプレースタイルなんですね。担当していただいている、西日本屈指の凄腕のクラフトマン集団FGさんには、ホント感謝感謝です。

毎度、こんな会話をするのがとっても楽しいです。σ(^_^;)

HONMA調整表.jpg

CopyrightⒸ2018 golf-mind.sblo.jp All rights Reserved.
posted by プロゴルファーKAZU at 01:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182084114
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック