2012年05月25日

ジュニア&シニアの心

ジュニアを指導する場合、成長期の年齢によって接し方を少しづつ変化させてコミュニケーションをとることが大切です。

小学校低学年(6〜10歳)の頃は、両親やコーチの熱い視線と心がダイレクトに伝わる時期です。なので、この頃の子供達には期待する態度を持って接しましょう。子供達は期待に答えようと純粋に一生懸命頑張ります。また、頑張っていることを「褒める」ことも大切です。子供達はまた褒められたくて、或いは親やコーチの喜ぶ姿がまた見たくて、もっと一生懸命になって大きな喜びを感じていきます。とても可愛らしいですね。

その後、小学校高学年⇒中学生⇒高校生と成長するに伴い仲間意識が強くなったり、或いは論理的や多感多情になったりと態度が多様に変化していきます。なので、この時期の成長過程には大人が気を利かせた配慮のある接し方が必要です。仲間意識の強いときには「仲間を肯定」する、論理的な話にきちんと「耳を傾ける」、多感多情になったりしていても「大きな心で受け止める」、といった接し方が必要です。しかし、身勝手な行動や言動、危険行為に対しては「愛情」を持って厳しく・丁寧に注意することは勿論必要です。

但し、どの時期もユーモアや優しさのある指導者を好む傾向が強いので、常に子供達へのチャレンジ精神で一緒に楽しく学ぶ、というスタンスが大切です。

一方、シニアの場合は、ゴルフを学ぶことは技能の向上だけではなく、「人間的成長や豊な人生を過ごすことが目的である」ことを知って頂くことがとても大切です。しかし、長年培ってきた技術力や知識を、新たに精神的なレベルアップとリンクさせることはなかなか難しいところ。ともするとプライドを傷つけかねません。

また、年齢幅が広く、生活の基盤・背景も当然異なります。従って、シニアゴルファーの方々が何を期待し要求しているかを的確に把握し、それらに応えられるよう豊富な知識と眼力を持って接していけるよう、私達指導者もまた努力を続けていかなければなりません。

更に、「今、ゴルフが出来る幸福感」即ちゴルフやレッスンそのものの価値観を見い出し高めていくこと、それを共有できる仲間と手をとって進んでいくこと、これらを根気よく伝えていくことも私達指導者の大切な役割だと思います。

特に、東日本大震災・原発事故から1年以上が過ぎ、いつしか当たり前の生活に戻って薄れつつある記憶の中、「今日と同じ明日があるとは限らない」今をゴルフと共に大切に生きること、その幸福を伝えていければ、と願ってやみません。

posted by プロゴルファーKAZU at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジュニア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56073286
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック