2013年01月29日

体重移動

ゴルフスィングにおける「体重移動」は、ボールをより遠くへ飛ばすための大切なメソッド。例えば野球の投手のピッチング、或いはテニスのサービスやバトミントンのスマッシュなど、他のスポーツでもパワーを生み出す動きの殆どに「体重移動」が見られます。

他のスポーツではプレーの動作中に無意識におこなわれる体重移動も、ゴルフになると難しくなります。それは、他のスポーツのほとんどが「動⇒動」のプレーであるのに対し、ゴルフは「静⇒動」のプレーだから。実は、この「静」の僅かな時間がやっかいで、「ティクバックはこう引いて…」「切り返しはこうで…」「顔は残して…」「フォーローは伸ばして…」と様々なイメージが頭の中を廻(めぐ)ってしまいます。

気が付いたときには既に体はガチガチで、結果は痛恨のミスショット。結局イメージした事は何も出来ずに「どうにでもなれ!」と開き直って打ち直した途端にベストショットだった、なんてことはよくあります。

もちろん、最初から開き直ってスィング出来ればベスト。しかし、何が今の自分にとって一番のポイントなのか不明確だったり、その不安感や迷いを払拭する解決策を見出したい思いがあったりすれば、尚更のこと色々と考えずにはいられません。

そこで、チェックポイントを一点に、そう「体重移動」のメソッドに集中してみましょう。なぜなら、ひとつひとつ細かいポイントを意識するより、大きな体幹を利用できる「体重移動」の意識の方が総体的にナイスショットが多く生まれる可能性が高いからです。(以下、右利きの人を対象として)

@ 左肩・顎・右股関節・右膝・右くるぶし(内側)が一直線になるように動く。始動は左肩や左上腕、或いは背中を目標に向けるように意識すると○。両膝から下はなるべく静止が吉。

A 捻転差によるキツさを感じる場合は無理をせず、右股関節(右腰)の回転を大きくしたり、両膝を動かしてもよい。

自分の動きが実際にどこまで出来ているのか確認するのは、自身の内側からの感覚だけで掴むのは難しいものです。なので、繰り返し鏡や影などで確認したり、キャディさんや同伴者(プレー中は×)或いはコーチにチェックしてもらうなど第三者の目を受け入れる事も大切です。

【関連記事】
[2012/10/27] ハイエルボー

posted by プロゴルファーKAZU at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | アセンション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61842657
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック