2013年02月28日

セットアップ(体の向き)

プロや上級者はアドレス(構え)がとても綺麗です。それは練習を積み重ねてきた結果であることは勿論、ターゲットに対する体のラインが正しくセットアップされているからこそ。これはアベレージゴルファーも参考にすべき点で、綺麗なアドレスを身に付けるのみならずスコアアップにも繋がるポイントです。ここで云うセットアップとは、概してスイングのためのアドレス(構え)が完了するまでの動作を意味します。

プロのトーナメントでもターゲットラインに対する正しい体の向きの確保のため、ショットごとに帯同キャディが体の向きを入念にチェックします。そう、たとえプロでも常に正しい体の向きの確保するのは難しいもので、逆に言えば、正しく「体の向きの確保」が出来ればナイスショットの確率もグッと上がる訳です。それには 1.「飛球ライン」2.「肩・腰・膝(ひざ)のライン」3.「目線のライン」をそれぞれスクェア(平行)に保つことが重要なポイントになります。

@「飛球ライン」
ボールからターゲットまで延長したラインを「飛球ライン」或いは「ターゲットライン」といいます。これが体の向きのライン全ての基準。但し、感覚だけでこのラインに体の向きを合わせるには不安定さが伴うため、ライン上のボールの50〜60cm先に葉っぱや穴などのスパット(目印)になるようなモノを見つけて「飛球ライン」の延長線を確認するのが○。プロの多くもこの方法を実践しています。

A「肩・腰・膝(ひざ)のライン」
「肩・腰・膝のライン」の中でも、特に「肩・腰のライン」は感覚によるセルフチェックは難しいもの。なので、スタート前にガラスや鏡でチェックする、或いはキャディさん見てもらうなど第三者の目を利用するのがベスト(競技中は同伴者は×)。鏡が無かったりキャディさんがいない場合のセルフチェックは、クラブのシャフト部分を左右股関節に当てて「飛球ライン」に対してスクェアかどうか確認してみるのも○。

B「目線のライン」
ターゲットを確認する際に「目線のライン」と「飛球ライン」を交差させてしまうことがあります。すると、それに吊られて「肩・腰・膝のライン」まで「飛球ライン」と交差することに。これを回避するには「飛球ライン」と「目線のライン」それぞれにクラブを併せて後方から確認してみるのが○。例えば、ターゲットが150ヤ−ド先付近だとすると「目線のライン」の延長線上は「飛球ライン」より約10ヤード程左を向いています。つまり「飛球ライン」と「目線のライン」は交わることなく、どちらかといえば「扇(おうぎ)状の広がり」をしていることが分かります。だから、ドライバー等の長いクラブになるほどターゲットより左に目線を置くべき事を知っていなければなりません(右利きの人の場合)。ちなみに、セットアップでいつも目標の右を向いてしまう原因の多くがこれ。心当たりのある人は参考にしてみるといいかも知れません。


posted by プロゴルファーKAZU at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | アセンション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63021700
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック