2013年03月29日

キックポイント

シャフトに力を加えた時、その最も曲がる位置をキックポイント(Kp…Kick point、メーカーによってはBp...Bendig point)と言います。キックポイントは通常、@ロー・キックポイント(先調子…Low) Aミドル・キックポイント(中調子…Middle) Bハイ・キックポイント(元調子…High)に分類されています。

各キックポイントの特徴は・・・

@ ロー・キックポイント(Kp=Low)
ロー・キックポイントのシャフトは、バット側(シャフトの手元側)が硬くて、チップ側(シャフトの先端部)がしなるように感じます。また、シャフトから伝わるインパクトの手応えもわずかに強くなります。ボールは高弾道になり、フック(右利きの人は左)方向へ打ちやすくなりますので、比較的にヘッドスピードが遅めの人やコッキング(手首を使う動作)が多い人、或いはスライサーに向いています。

Aミドル・キックポイント(Kp=Middle)
ミドル・キックポイントのシャフトは、バット側もチップ側も適度な柔らかさで、シャフトの中央部にしなりを感じます。また、シャフトから伝わるインパクトの手応えは強くも弱くもないフィーリングで、スィング・バランスを整えやすくなります。「少しフックする」「少しスライスする」といったプレーヤーには球筋が安定します。

Bハイ・キックポイント(Kp=High)
ハイ・キックポイントのシャフトは、手元(グリップ)側がしなるように感じます。また、フレックス(R,S,Xなどの種類)が適性より硬い場合はシャフトから伝わるインパクトの感触が弱くなります。ボールは低い弾道になったり、スライス方向へ押出したりしやすくなるので、力のあるハードヒッターやコッキングの少ない人、或いはフックのミスが多い人に向いているシャフトです。

シャフト・キックポイントは方向性と弾道の高さ・曲がりに大きく影響します。但し、そのフィーリングは各プレーヤーによって好みが分かれるもの。更には、ロフト角・シャフトフレックス、シャフトトルクとも密接に関係していますので、自分に適合するシャフトについて詳細は、プロやショップのクラブアドバイザーに相談してみる方が良いでしょう。

posted by プロゴルファーKAZU at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | チェーンナップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64165710
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック