2013年05月31日

シャンク

「シャンク」とは、インパクト時にボールがクラブのネック(根元部分)に当たり、とんでもない方向に飛んで行ってしまうことをいいます。この症状が出てしまうと誰しもボールを打つことが怖くなってしまい、その後のスィングや精神的にも「どう対処していいか全く解らない状態」に陥ってしまいます。

かくいう私もかつてシャンクに悩まされていた時期があります。ある試合では、残り4ホールで順位はトップタイ。「さあ、ここから勝負!!」という時、ピンまで130ヤードの2ndショットをPwでなんとシャンク。最終ホールまで修正が効かず、ダメージを引きずったまま試合終了。その恥ずべき苦い経験は今でも忘れません。(結果15位まで後退)

先述のように「シャンク」はクラブのネックに当たる症状なので、「ボールから離れる」或いは「ヘッドの先端にボールを置く」などの対処をとることが一般的ですが、それでもなかなか直らないのが現実。かといって「より離れて」「よりヘッドの先端にボールを置いて」も症状は一向に改善しません。(以下、右利きの人を対象)

「シャンク」の原因は、「身体の開きが早い」「振り遅れ」「トゥダウン(ヘッドの先端部の下がり)」「しゃくり打ち(右肩が下がる)」「あごが上がる」etc…こうした動きが複数重なった時に多く発症しますが、それを誘発している「意識のある動き」を見つけ出す必要があります。以下の10項目の中で、自分が意識している動きがあるかチェックしてみましょう。(複数選択可)

【シャンク時のチェック項目】

□ 腰をしっかり回転させる
□ ダウンスィングではトップのL字形を崩さない
□ グリップエンドをボールへぶつける(指す)
□ ダウンスィングで右肘を腰へ落とす
□ インパクトはボールを強く叩く
□ インパクトゾーンは出来るだけ長くする
□ ハンドファストにボールを捉える
□ インサイドアウトに振る
□ フォローは出来るだけ遠くに腕を伸ばす
□ フィニィッシュは出来るだけ高くとる

もし、これらの中に1つでも当てはまる項目があれば、実はそれが「シャンクの原因」の可能性大。そう、自分では「正しい動き」と思って意識していたことが、実際には逆効果になってしまっているケースです。では、どのように対策をすれば良いのでしょうか。それは以外にシンプルな処方で、「チェック項目の逆をする」こと。つまり…

□ 腰をしっかり回転させる ⇒ 腰の回転をセーブする
□ ダウンスィングはトップのL字を崩さない ⇒ ダウンスィングでトップのL字を崩す
□ グリップエンドをボールへぶつける(指す) ⇒ ヘッドのトウをボールにぶつける(指す)
□ ダウンスィングで右肘を腰へ落とす ⇒ ダウンスィングで右肘を脇から離す
□ インパクトはボールを強く叩く ⇒ インパクトはボールを優しく打つ
□ インパクトゾーンは出来るだけ長くする ⇒ インパクトゾーンは出来るだけ短くする
□ ハンドファストにボールを捉える ⇒ ハンドレイトにボールを捉える
□ インサイドアウトに振る ⇒ アウトサイドインに振る
□ フォローは出来るだけ遠くに腕を伸ばす ⇒ フォローは出来るだけ近くで腕をたたむ
□ フィニィッシュは出来るだけ高くとる ⇒ フィニィッシュは出るだけ低くとる

いかがでしょうか。「え〜っ、うそ?!」なんて感じる項目もあるかも知れません。しかし「どうせシャンクが止まらないのなら…」といった覚悟でチャレンジしてみましょう。きっと解決策に繋がることでしょう。ちなみに、両手のグリップと間を10cmほど離して素振りをすると、右腕と左腕の動きの違い、或いは肘や手首の使い方の正しい感覚が分かります。シャンク防止だけでなく通常時でも正しい動きへの効果の高い練習方法です。


posted by プロゴルファーKAZU at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | アセンション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68668695
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック