2017年11月03日

ボール選び

現在のゴルフは、様々なポールが発売されています。大別すると、ディスタンス系(飛距離重視)、ショートゲーム系(アプローチ、パター重視)、オールマイティ系(飛距離、アプローチ、パター総合バランス)など。更には、それぞれ「固め」「柔らめ」や「軽め」「重め」など、自分のフィーリングやスタイルに合わせて広く選択出来ます。他の球技スポーツでは、公認球が極端に限定されている場合が多く、自分のスタイルに合わせてボールを選択するのは難しいものです。一方、ゴルフでは何百種類の公認球があるので、プレーのウィークポイントがカバー出来たり、また、長所を更に伸ばすことも可能になります。ですから、これらを有効に利用しないと実にもったいないですね。

とは言うものの、かくいう私が今年はボール選択にホント悩まされました。これまでは、タイトリストのプロV1xを10年ほど使用していました。またその間、他のメーカー同様に数年おきにモデルチェンジがありましたが、「少し飛ぶようになったかな」とか「ちょっと高く上がるようになったかナ」あるいは「若干スピンが減ったかな」ぐらいの程度だったで、違和感なくすんなり受け入れられましたし、プレーにも良い影響を感じていました。ところが、今年の早春に発売された2017年ニューモデルは違って感じました。第一印象は「うわっ、重っ、硬っ…」です。そう、全然別種のボールのように感じたのでした。でも、長年使い続けたモデルだし、昨年モデルはもう製造しない訳だし、大量に仕入れたところでいずれ底をつくし、「まあ、そのうち慣れるだろうから…」と思って前向きに使い続けたのですが…

titlist-prov1.jpg重く感じるので、インパクトはその重さに負けないようにハードヒットしなければなりません。また、硬く感じるということは高弾道でスピン量が少ない、ということなので、長所としては高い球筋でも風に負けない、という利点はあります。しかし、短所としては芯を外したときに極端にスピンが減るので、ドロップボール(無回転に近い、野球でいう所のいわゆるフォークボールやナックルボールみたいなもの)になりやすいという点があります。なので、ドライバーにしてもアイアンにしても、芯を捉えた球筋はこれまでよりも飛距離が出ましたが、ひとたび芯を外した時には極端に飛距離が落ちてしまいます。私でいうと、ドライバーで約40ヤードも差がありました。また、断定はできませんが、ハードヒットの蓄積の影響だと推測しますが、疲労性腰痛にも悩まされました。それに、肝心なスコアアベレージもガタ落ち。正直、「困ったなぁ…」です。

そこで、ボールに詳しい人に聞いてみると「タイトリストプロV1xからV1に変えているプロも多いようですょ」との事。でも、まあこの際だから思い切って他のメーカーも試してみようかな、とまずは松山プロ使用モデルのスリクソンZ-STARを使ってみた。そしたら、硬さはさほど感じないものの、これもやっぱり重かったのでパス。

chromesoft-1.jpgで、今度は柔らかいという評価でキャロウェイのクロムソフトを使ってみた。確かにとても柔らかい。腰にも負担がないし、なんだか昔懐かしのパーシモンを彷彿とさせるつぶれるような打感。左右に曲げるコントロールもしやすいし、飛びはまずまず。ただ一点、弾道が低い。理由は、ボールが柔らかいとボールがフェイス面にくっついている時間も長くなってインパクトゾーンも長くなり、その間にロフト角が立ってくるので必然的に球筋も低くなるから。この高さだけがどうしても妥協できずに、残念ながらやむなくパス。

tp5x.jpgで、次はネット評価の高かったテーラーメイドのTP5Xを使ってみた。ドライバーやFWは距離もまずまず打感もいい感じだったのですが、アイアンがいきなり右にすっぽ抜け。なんだかスーパーボールみたいな。ただ、慣れたらいいかも、と思ったのでしばらく使ってみたのですが、やっぱりアイアンだけがよく右に抜ける。ユーザーとしては球筋がフックしたり高さが出ない人には抜群の相性かもしれませんが、「これも違うか…」ということで残念ながらパス。

で、次は、最初に勧めてもらったテーラーメイドのプロV1を用意した。プロV1はV1xと比較すると柔らかいのは承知であったものの、重さの感じがV1xと一緒では…と少々疑問視してまして…で、期待うすめで使ってみたら…

「キタ〜〜︎、コレだ!」 \\\٩( 'ω' )و ///

重くない。柔らかい。高さもある。スピンも十分。飛距離もアップ。スコアも戻ってきたし、ホント気持ちが伝わる。やっと理想の人に出会えた、って感じ。ちょっと古いけど、松山千春の「人生(たび)の空から」の…

まわり道でも♫ 旅のおわりに♫ 君にもう一度♬ 逢えたならいいね♬

みたいな。

まあ、最初から素直に使ってみれば苦労することもなかったのかもしれませんが、いろいろ勉強になったし、何よりまた頑張れそうです。

ということで、あくまで個人的な感想の数々ですが、いろいろ試してみてくださいね。
( ^ω^ )/
ちなみに、タイトリストProV1XやスリクソンZ-STARなどは、ハードヒッターで、スピン量が多くて球が吹けあがる傾向にお悩みの方にはGOODかも知れませんョ。(・∀・)!!
posted by プロゴルファーKAZU at 17:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | アセンション

2017年08月02日

温故知新

私が学んできたゴルフスイング理論は、全て考え方や方法が異なる理論でした。しかし、その異なった理論から学び、私が今に辿り(たど)りつけたのは、何よりこれまで指導して頂いたプロの大先輩の方々のおかげでした。

「温故知新」

古きをたずねて新しきを知る。「昔のことを研究して、新しい知識や道理を見つけだす」という意味で現代もよく知られた中国から伝わる言葉ですが、実は「どうすれば、古いことから新しいことを知ることが出来るのか」という、この言葉の本当の意味を知ることがとても大切だと思うのです。

故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知れば、以て師となるべし。(為政第二より)

img56707022.jpg

■ 現代語訳
自分が以前に習ったことや昔のことをしっかりと習熟して、新しいことを知ることができるならば、師(先生)となることができる。

「以て師となるべし」

最後に、この言葉があるのです。

160721elementary-school-report-card05.jpg何かを教えようと思うとき、あなたはそのことにかなり慣れて習熟しているはず。でも、実は教えるということは大変難しいのです。例えば簡単な掛け算、7×5=35ということを教えようとしたとき、「7×5=35になる」と教えたらすぐに理解できる人ならいいのですが、もし「×(かける)ってどういう意味?」とか「数字って何?」なんて質問された場合、その質問に適切に答えることができるでしょうか。そう言われると、ちょっと自信が無くなるのではないでしょうか。

ゴルフでもそうです。もし「グリップって何?」「どうしてこう持つの?」とか、「ゴルフクラブって、どうしてこんな形をしているの?」と聞かれたら、適切に答えることはとても難しいのではないでしょうか。

このように、何かを教えるためには、その何かに付随する色々なことに習熟していないとならないのです。そうしないと、誰かに何かを教える・伝えることはできません。つまり「温故知新」の本当の意味とは「故きをたずねて新しきを知る」ではなくて、「故きを(大切に)温めて新しきを知る」なのです。誰かに何かを教えることができるくらいにしっかりとそのことを研究し習熟したならば、そこできっと新しいことを知ることが出来るはず、先人達はそう伝えたかったのかも知れません。


posted by プロゴルファーKAZU at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | アセンション