2014年09月12日

飛ばしのコツ〜遠心力〜

「どうしたらもっと飛ばせるようになりますか?」

レッスンをしている中でも特に多く聞かれる質問です。レッスン書やゴルフ雑誌によれば、「飛ばしたいほどゆっくり振れ」或いは「腕の力を抜いて力まずに…」と書かれているのをよく目にするも、「そうは言ってもなぁ…なんで、力を抜いてゆっくり振れば飛ぶんだぁ⁇」なんて納得いかない気持ちの方が先行してしまうのが本音ではないでしょうか。

アベレージゴルファーの多くが実践している飛距離アップ法といえば、例えば「ヘッドスピードを出来る限り早く」「インパクト強く」「腰や身体の回転を速く」といったところが一般的です。もちろん、そうした方法で飛距離が伸びればそれに越したことありません。しかし、かえって逆に「飛ばなくなってしまった」「大きく曲がるようになってしまった」という経験を持つ人も少なくないのではないでしょうか?

では、なぜ早く振ったり強いインパクトを心がけたところで、逆に飛ばなくなったり崩れてしまったりするのでしょうか? それは「スピードやパワー」だけに頼ったてしまっているからです。もちろん、飛距離をアップするにはスピードとパワーは重要です。しかし、それだけでは飛距離アップにはつながらないのです。

次の図ご覧ください。



飛距離獲得のためにインパクト時に必要なパワー(衝撃力)は、一般的に「ヘッドスピード」が最も重要視されていますが、実は対局にある「ヘッド重量」とのバランスでその効果が生まれます。ここで言うヘッド重量とは、ヘッド自体の重量に加えて、遠心力によって円の中心から外側に向けて発生するG(重力)が加えられたもの。つまり読んで字の如く、インパクト時にボールにかかる「重い力」のことをいいます。

「私はヘッドスピードが早いのに飛ばない…」「一生懸命早く振ってるんだけど…」これらは明らかに、重力が無いインパクトでボールを捉えている典型的な例。

実は、(ヘッド)スピードが早くても遠心力は必ず発生するとは限りません。勿論、遠心力によって発生する重力は、(ヘッド)スピードが早ければ早いほど大きく(重く)なります。しかし、重力を引き出す(距離を生み出す)有効なヘッドスピードとは、「遠心力によって加速されたヘッドスピード」で、優先順位は@遠心力右矢印1︎Aヘッドスピード、であるべきだからです。

つまり、「力を抜いてゆっくり振れば飛ぶ」というのは、その方が「遠心力による重力」を発生させやすく、乗じて結果的にヘッドスピードも上がるから、という訳です。お分かり頂けたでしょうか?

ちなみに、遠心力を使ったイメージとしては、例えば小さい頃に誰でも遊んだブランコ。そう、勢いを止めないように漕(こ)いだ時に、その加速によって両脚に掛かる重い負荷がそれ。或いは、バケツの中の水がこぼれないようにグルグルと大きく腕を回した時、または釣り竿の先の重りの遠投など…etc.

さあ、皆さんも「遠心力」を有効に利用して、飛距離アップにチャレンジしてみて下さいね。(^_^)/~~~


posted by プロゴルファーKAZU at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル

2013年03月15日

ベタ足スイング

「ベタ足スィング」は、韓国人選手を中心に最近のツアープロに多く見られる安定感抜群のスイングです。(以下、右利きの人を対象として)

特徴は、文字通り「ベタ足(右かかとを地面につけたまま)」に近い状態、或いは「かかとの動きを最小限に抑えて」インパクトするスィングであるところ。また、クラブヘッドの動きがバックスイングからインパクトまでほぼ同じ軌道を通り、さらにフォロースルーにかけて目標の左へ振り切る軌道(インサイドイン)である事や、上半身の捻転を積極的に使う点も挙げられます。

スィングのポイントは「クラブヘッド先行型」であること。遠心力を効かせたインパクトは、なるべくボールを強くヒットしないで『気持ちよく振り切る』ということが大切で、クラブを振った勢いに体が後から引っ張られて回転させられて、最後のフィニィッシュで右足かかとが動く(立つ)ようになります。また、腰などの下半身は自らの意思と関係なく自然に動くので、あえて「腰を回転する」や「踵(かかと)を蹴る」といった意識はあまり必要としません。

「ベタ足スイング」のメリット&デメリットは…

◆ メリット
・遠心力を使うので、腕力が要らない。
・球筋はストレートに近い高弾道となり、方向性が安定する。
・体重移動がスムーズで、しっかりとしたフォロースルーがとれるようになる。
・球質が重く(プロ球)なり、キャリーとランを稼ぐことができる。
・外観的にとても美しく、しなやかなスィングに見える。

◆ デメリット
・体の捻転を充分に行わないと『手打ち』となり距離が出なくなる。
・腕力を使わないので、フィーリング的に『飛ばせる』ように思えない。
・体の捻転を大きく使うため、1スィング当たりの体力の消耗が大きく疲れやすい。etc...

ちなみに、慣れないうちは距離が出ないことがありますが、抜群の安定性のあるスィングなので根気よく練習しましょう。なかなか上手くいかない場合は、「下半身の動きを静かに」「しっかり上体を捻転」「両腕を脱力」「アドレスをチェック」する事などが打開策になるかも知れません。また、1ラウンド通した持続性を得るためには、ストレッチやトレーニングをしっかり積んでおくことも大切です。


posted by プロゴルファーKAZU at 02:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル