2018年05月22日

成功と失敗

来月6月14日から、2018年FIFAワールドカップが始まります。これまでなら目前に迫ったワールドカップとなると、日本中が期待と喜びでお祭りムード一色であろうかと思うのですが、直前のハリル監督解任というチーム事情からでしょうか、なんとなく、イマイチそんなお祭りムードとは程遠い期待薄な虚無感があるのは、私だけでしょうか。

あくまで素人の個人的な考えですが、W杯日本代表となれば、最低でも1年前にはある程度の「レギュラーメンバーや戦術」は決まっていてしかるべき、と思います。各選手、それぞれが海外中心に散在している訳で、合同練習というのはなかなか難しい。だからこそ、レギュラーメンバーや戦術は、かなり前から軸として定着すべき。にもかかわらず、W杯2ヶ月前になってもメンバーは固定されず、戦術もハッキリ伝わらない。しかも入れ替えも多い。まあ、監督なりの戦術はきっとあったのでしょうが、やるのは選手で、応援するのは、国民・ファンですから、それが伝わってこないのは大きな問題。それに、監督の交代時期もあまりに直前すぎますね。

選手側からしてみれば、「誰が選ばれるか分からない」は、下位選手にとっては良いチャンスとして捉えるでしょうが、レギュラークラスの選手にとっては、ただ不安とストレスしかないでしょうし、もしハリル前監督が「選ばれようが落選しようが、各自今を頑張る」みたいなことを期待していたなら、そんな精神状態を持続できる筈もないし、それが選手と監督の間に大きな溝を作る要因だったのかもしれませんね。

20170321_honda_getty.jpgさて、そんな日本代表候補の一人、長年日本代表をけん引してきたベテラン「本田圭佑」選手。6月14日放送のNHK総合「プロフェッショナル・仕事の流儀」の放送で語ったなかで、「僕は失敗という言葉が好きじゃないんですよ。何か他にいい表現がないですかね。」というやりとりがありました。

「あれっ? それって、いつもジュニア達や生徒さん達に言っていることだけど…」

「失敗は成功のもと」とか「失敗は成功の母」なんて言葉は昔からよく耳にしていますが、
それは「失敗」から多くを学び「成功」に繋げていこう、という意味を表したもので、失敗したっていいじゃない、という、「失敗」ありきの表現ともとれる。それが、本田選手にとって、なんとなく腑に落ちないから「失敗は成功のもと」の、それとはまた違った感性の表現はなかろうか、ということなのだろうと思いました。

私は、むしろ「成功」とう表現が「失敗」という感情を生み出していると考えています。「成功」とは、達成感とか目的を成し遂げる、ということ。だから、成功すれば誰しも歓喜するし、安堵もする。一方、「失敗」は、目的が成しえなかった、とか、方法が悪かった、という意味。だから、落ち込むし、その原因や要因を深く考えこんでしまう。つまり、「成功」と「失敗」という言葉は、まるでジェットコースターのように喜怒哀楽が著しく生み出される表現で、冷静に淡々とプレーを続ける選手たちにとって、適切な言葉と言えません。

そこで、私はジュニア達や一般の生徒さん達に「ミス・ショット」とか「失敗」といった言葉はなるべく避けるように指導しています。では、それをどのように別の言葉で考えるように伝えているか。

「出来た」か、「出来なかった」か。

やるべき動作、ルーティーン、課題、戦略、基礎知識。これらを決めて繰り返す。その一回一回のプレーで、それが「出来た」のか、「出来なかった」のか、それだけで判断する。出来なかったとき、何も余計なことは考えない。それを失敗と捉えない。ただ「出来なかった」だけ。そして、「出来た」ことと「出来なかった」ことの割合を検証する。仮に「出来た」のが1割で、「出来なかった」のが9割だったとしても、それも一切気にしない。「出来た」割合が増えるように練習するのみ。

「出来た」割合を増やすのは「反復練習」。読んで字の如く、反省して復習するのが反復練習。もちろん、時間は掛かるかも知れないけど、「出来た」割合が増えれば、当然「出来なかった」割合は減る。だから「出来た」割合が増えることこそが上達の証であるということ。つまり、「成功」と「失敗」とは、「出来た」か「出来なかった」プロセスの割合を結果として表した、或いは、それを周囲が評価したものに過ぎない。だから「失敗」という結果や評価も「出来る」ことを増やす反省材料の宝を与えてもらった考える。「成功」のそれも「出来る」ことを立証する判断材料が豊富になったと考える。されば「失敗」という言葉にネガティブな感情は消えていく。

だから、「成功」して笑うのも「失敗」して泣くのも「自分次第」。

bbe869df.jpg

特に、ジュニア達にはマントラ(祈りの言葉)のようにいつも言い聞かせ、また、彼らが自らも言わせるようにしています。

間もなく開催。2018ロシアW杯日本代表、頑張れ !! \(^o^)/

posted by プロゴルファーKAZU at 16:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアル

2016年07月16日

楽しむゴルフ

ゴルフは本来、楽しいものです。でも、全く楽しめなくなってしまって、ついにはゴルフから離れてしまうような人も少なくありません。

「いくら練習したく上手にならない。もうゴルフなんてうんざり」

皆さんも一度は思ったことありませんか?

長くゴルフをやっていればやっているほど色々な困難に出くわすものです。でも、ゴルフ(プレー)を心から楽しみながらやっていれば、素晴らしい結果が待っていてくれるものなのです。ところが実際は、思うようなショットが打てない、スコアが伸びない、仲間に笑われた、など様々な理由によって劣等感に苛(さいな)まれたり、自信喪失に陥ったりして、気付けばゴルフがつまらない、苦しいものになっていたりします。

では、どのようにすれば、立ち直るきっかけが掴め、またエネルギッシュにプレーを楽しめるのでしょうか。

@気長にやる
不調の時ほどムキになって必要以上の練習量をこなしてしまいがち。それは、ただただ良くない動きを固めてるようなもの。不調期から好調期になるまでには数週間から数ヶ月はかかるものです。「今は不調期だから仕方ない。そのうち良くなるさ。」と、楽天的になることが大事。あまりにも意気消沈してるなら、しばらくゴルフから離れてみるのも良いかもしれません。心を込めて練習に取り組んできたのなら「果報は寝て待て」です。

A現状を受け入れる
不調期にベストプレー(スコア)を求めたところで思うようにはなりません。ならば、不調の現状を認めて、これ以上悪くしない努力をする。例えば、コースでショットが曲がるなら、曲がる想定で安全地帯を探してみる。また、グリーンのピンは狙わずアバウトに「グリーン付近まで行けばいい」など。ミスの許容範囲を広げて、結果に寛大になるようにする。不調のプレーでも、それでいかにスコアを減らすかに切り替えると、忍耐力が必要ですが、きっと違う視野が広がってくることでしょう。

B仲間を選ぶ
プレーを楽しむには、一緒にいて楽しい仲間と過ごすことです。面白くない仲間とプレーをすると、自分のプレーに悪影響します。レベルに関係なく、互いが気持ち良くプレーする為に気遣ったり気を利かせたり出来る仲間と過ごすことです。ゴルフの精神の基本ですね。 

C練習方法を変えてみる
私達プロの場合は、不調になれば練習方法を変えてみたり、或いは基本に戻ったりします。アドレスが崩れたり、軸がぶれたり、スィングスピードが早くなったり、手打ちになったりといった具合に不調の原因はプロもアマも同じ。体の捻転をしっかりさせたり、ハーフショットの練習をしたり、アドレスやグリップのチェックをしたりと、気持ち良く真っ直ぐ打つのをやめて基本に戻ります。そういう練習を繰り返しているうちに、次第に好調になってくるものです。

D感情を抑える
一打一打のショットの結果に対して喜怒哀楽をあらわに出していたら、とてもとても18ホールもちません。心では腹ワタ煮えくり返る思いでもグッとこらえ、顔はクールに心は燃えて淡々とプレーをする。そうすることで、幸運が訪れるようになるものです。

いかがでしょうか。

ゴルフをやっていれば、好不調の波はまるでジェットコースターのように乱高下しながらやってきます。それを受け止めたり受け流したりと、自身の心をコントロール出来るようになれば、ゴルフのプレーを今よりもっともっと楽しむことができることでしょう。

posted by プロゴルファーKAZU at 19:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアル