2014年02月28日

ゴルフ場の雪

西日本から北日本の太平洋側を中心に広い範囲で湿った雪が降り、特に14日夜から15日にかけて、東日本、東北地方の内陸部で記録的な大雪となりました(近隣では秩父98cm、前橋76cm、熊谷67cmなどいずれも最深積雪深歴代1位)。2週間経った今もこの豪雪被害を受けたまま閉場を余儀なくされているゴルフ場がまだ多数あって、群馬県のあるゴルフ場では、まだ雪50cm以上積もっていて、コース内に除雪の車が入ることもできないとの事。本当に一日も早く通常営業ができるようになって欲しいと願うばかりですが、今回ばかりは雨が降ったり気温が上がって溶けてくるまで、じっと堪(こら)えて待つしかないのかも知れません。

かといって、ただじっと雪を眺めている訳にもいきません。当然、休場が続けば続くほどゴルフ場は大損害。なので、一日も早く開場するために従業員総出で必死に除雪作業に当たります。しかし、ゴルフ場の敷地は広大。その雪を除雪するには膨大な作業と時間を費やさなければなりません。

クラブハウス周辺や駐車場及びカート道路などはスコップで掻き分けて除雪することができますが、柔らかい芝の上の雪を除雪するのにスコップを使用しては芝を傷めてしまいます。また、塩化カルシウムなど融雪剤を使用する方法も考えられることですが、残念ながら芝がダメになってしまうのでこれまた使用不可。

では、どうするか。

ゴルフ場に雪が積もって休場が長引く場合、キャディさんも、コース管理部の人も、クラブハウス内の職員もみんなでコースを歩きます。そう、ひたすら歩いて雪に「凸凹」を付けるのです。「凸凹」を付ければ、雪に太陽の光を受ける面も増えて雪面の温度を上昇して融雪を促す効果が期待出来るからです。

また、それぞれの手に「目土袋」を持ってフェアーウェイを中心に目土(ディボット用の土砂・有機肥料入り)をバラ撒きます。これは、光を吸収する黒い墨を撒いて温度を上昇させ融雪を促すのと一緒ですが、雪が溶けた後にまもなく芽を出す新芽に対しても優しいので、さらに二重の効果が期待出来ます。また、有機肥料入りの場合は、微生物による発熱作用もありさらに融雪を促します。ただ、臭いがひどいのが難点ですが...

しかしながら、今回の雪は先にも述べたように、軒並み歴代1位の最深積雪深を記録しているので過去の除雪作業とは桁違い。コース内を歩くと言っても、どれだけ大変な体力を消耗しているか想像できます。きっと1日1ホール歩くことも困難だったことでしょう。

時が立つにつれ、ひとつまたひとつと南寄りのゴルフ場からようやく「開場」の声が聞こえてくるようになってきました。従業員の皆様には本当に本当に「お疲れ様でした」と声を掛けてあげたいですね。一日も早く全国のゴルフ場がこの豪雪被害を乗り越えて、平常に戻り、大勢のお客様で溢れることを祈っています。



posted by プロゴルファーKAZU at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアル

2013年04月30日

アゲインスト

強い風が吹く季節といえば寒い冬場を思い浮かべますが、寒暖の差が激しい今の季節も強い風の中でのゴルフを強いられることが多々あります。

私がまだ駆け出しの研修生だった頃、女子プロの大先輩と時々一緒にラウンドをしていただける機会がありました。当時彼女はシード選手で「自分自身の練習にもなるから」と、男子の私と同じバックティーで一緒にプレーしていました。

その日は朝から強風吹き荒れる寒い日で、いつものように同じバックティーからティーオフ(プレー開始)。出だしからの3ホールは強いフォローの風で、好調も重なって追い風に乗った私のボールは女子プロの優に50ヤード先まで飛んでいました。

4ホール目のロングは真正面からの強いアゲインスト。風に負けないよう思い切って打った私のショットはこれまた好感触。しかし、セカンド地点に行くとアゲンストの影響だろうか、さすがに2つのボールの距離の差は50ヤードとはいかずに精々20ヤード。「向かい風だからなぁ…」なんて少々自分をなだめるように先のボールへと向かいました。

すると「何自惚れてるの、あなたのボールはこっちよ。」と、突然後方から聞こえる声。
「えっ⁈」と、一瞬戸惑いながら確認してみると、当然私のだと思っていた前方のボールは、なんと女子プロのボール。そう、20ヤード後方のボールが私のだったのです。

「無風やフォローはあなたに勝てないけど、 アゲインストじゃ負けないわよ。」

いくらプロと云えども女子。「飛ばし屋」として自信満々だった私の鼻っ柱が、みごとにへし折られた瞬間でした。「やっぱりプロって凄い…」その後、アゲインスト対策のためにどれだけ研究し練習したかは言うまでもありません。

今はアゲインストのショットはさほど難しく感じません。なぜなら風に強い重い球質のボールが打てるようになったから。それは間違いなくこの経験が生かされています。本当に女子プロの大先輩には感謝感謝です。

ちなみに「風に強い重い球質のボール」とは、スピン量を抑えた球のこと。出来る限りインパクトを「ソフトに」する感覚です。しかし、それではもっと飛ばなくなる気がするので、技術的なことよりむしろ「気持ちをコントロール」する方が難しいかも知れませんね。


posted by プロゴルファーKAZU at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアル