2012年02月14日

ピンポジション

平日によくゴルフコースへ行かれる方は「どこのコースへ行ってもいつもピンの位置が端っこで難しいなぁ・・・」と感じることありませんか。同じコースをラウンドしても、ピンポジションによってスコアに大きく影響が出ます。まるでプロのトーナメントの最終日のように「畳一畳分のスペースしかない」なんてこともあります。「真ん中付近にピンが立ってたらもっとスコアが出せるかもしれないのに・・・」と思いたくなりますね。

これは「自分がコースに行った時に限って・・・」という偶然性によるものではありません。実は、やむをえない事情があるのです。

一部のパブリックコースを除き、ほんどのコースがメンバーコースです。メンバーコースでは月例や研修会などクラブ競技を毎週土日および祝日に開催するのが一般的。そのためグリーン中央付近の芝を平日の間は養生させて、メンバーさんにより良いグリーンコンディションで競技に臨んでもらいたいゴルフ場側の配慮があります。

また、ゴルフ場の来場者数は平日に比べて土日祝日の方が多くなります。そのため来場者が多い日に競技を行えばプレーの進行が遅れる可能性があります。そこへピンポジションが難しい位置だったら更に遅れることになりかねません。

こうした事情から「平日は端に土日は中央に」ピンポジションが立てられているのです。これを知っていれば「平日のピンは端にある」と覚悟を決めてプレーに望めますね。「難しい」とは考えず「腕を磨くんだ!」というチャレンジする気持ちでいきましょう。

posted by プロゴルファーKAZU at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフコース