2018年01月09日

フェイスブログレッション

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2017大晦日、いつものようにNHK紅白のあとは「ゆく年くる年」。遠くで聞こえてくる祭囃子(まつりばやし)に誘われるように、年が明けると近所の神社に初詣に出かけます。

nakayama_kaji5.jpg手水を済ませ、鳥居の先のやや急な石段の途中で10分ほど待つ。心なしかいつものように大勢の参拝客で賑わっていないようす。粛粛と御祈願を済ませると、境内の東側から威勢のいい自治会の青年団が、つきたてのお餅の入った「お雑煮」と「甘酒」を参拝客一人一人に振舞ってくれる。パチッ、パチッと時折り聞こえる焚火の火花をチラリと気にしつつ、「また年が明けたなぁ…」としみじみ感じて。

曜日の巡りで今年は例年より少々長めのお正月で、翌2日は、駅前の評判の良い中華飯店で身近な親族と初顔合わせするのがすっかり恒例となった。肝心なゴルフというと暫く練習不足で、パソコンの前にいる時間を少し減らして、そろそろ重たくなってしまった腰を上げようと思っている昨今です。

さて、2018年の最初は「フェイスブログレッション(FP値)」についてお話します。

FP値とグース.jpg

クラブヘッドのリーディングエッヂからシャフトセンターまでの幅の数値を「フェイスプログレッション(FP値)」といいます。また、ヘッド形状を「グースネック」「セミグース」「ストレートネック」といいますが、この「グース」とは、ホーゼル(ネック)外径側(左側面)からリーディングエッジまでにある間隔のことをいい、別名「オフセット」とも呼ばれていて、フェイスブログレッションと密接に関係しています。

「グースネック」は、ホーゼル外径側からリーディングエッヂまでの幅が長く、FP値は小さいタイプが多くみられます。また、「セミグース」は、ホーゼル外径側からリーディングエッヂまでの幅がグースネックタイプより少し短く、FP値はやや大きめに表されます。そして、「ストレートネック」はホーゼル外径側からリーディングエッヂまでの幅が狭く、FP値は大きめに表されます。
(※スリクソン2016Zシリーズアイアン参照)

srixon.jpg

FP値は、0.0〜7.0以上(単位mm)で表され、また番手やネックの太さによってミリ単位もそれぞれ変わり、例えば、グースネックのクラブでもFP値は 5♯アイアン<6♯アイアン<7♯アイアン、といった具合にショートアイアンになるにつれて大きくなっています。これは、ロフト角が大きくなる番手(5番より6番、7番より8番)ほどボjushinkaku.jpgールとフェイス面の摩擦が大きくサイドスピンが少なくなる(ロングアイアンほど右へ、ショートアイアンほど左へボールが行きやすい)ので、少しずつFP値を調整することで「重心角」を変えて、全ての番手のボールの捉え方が安定させる目的があるからです。

「グースネック」のクラブはボールを包み込むように捉えやすく(左へ行きやすい)、ミートポイント(ボール位置)がスタンスの中央寄りになるので低弾道になりやすい、といった特徴があります。また、ドローボールが打ちやすかったりインパクトゾーンを真っ直ぐに捉えやすく、右へのミスやスライスが出にくいので、初級者向きと言われています。

22_02_image18.jpg「セミグースのクラブ」は、グースネックよりややストレートに近い形状で、ボールを包み込みがグースネックよりも少ないイメージです。ミートポイント(ボール位置)はややスタンスの中央寄りで、中弾道になりやすい特徴があります。また、インパクトゾーンをストレート軌道にしたり、またヘッドの開閉を少し行うことで、軽いドローや、フェードが打ちやすくなります。色々なスィングに適応できることから、中上級者向きと言われています。

「ストレートネック」は、文字通りシャフトとリーディングエッヂのラインがストレートに見えます。ミートポイント(ボール位置)はスタンスの左寄りになります。また、ボールが捉まりにくく右へ飛び出しやすい、高弾道になりやすい、フェードが打ちやすい、といった特徴があります。また、クラブの開閉を積極的に行うことで、ドロー・ストレート・フェードと色々球筋を打ち分けたり、弾道の高さを変えたりと、様々なテクニックを使えることから上級者向きと言われています。

形状タイプ別一覧表.jpg

つまり、グース(オフセット)が大きめでFP値が少なくなるほど、よりグースネック寄りの見え方が強くなり、グース(オフセット)が小さめでFP値が大きくなるほど、よりストレート寄りに近いネックに見える、という訳です。一般的には、自分のクラブがグース・セミグース・ストレートのどのタイプで、どんな球筋が打ちやすいのか、そしてFP値とは何を意味するのか、といった点を知っていれば良いでしょう。

ちなみに以下、私が使っているホンマのアイアンTOUR World TW727M の調整表(抜粋)です。ストレートネックタイプですが、セミグース系だったので、しっかりフェイスターンさせても引っかからないように、番手別に0.5〜1.25mm出荷時より大きく、Just0.25mm刻みでFP値をチューニングしてもらいました。なので、ばっちりフェードが打ちやすくなっています。そう、私はフェード中心のプレースタイルなんですね。担当していただいている、西日本屈指の凄腕のクラフトマン集団FGさんには、ホント感謝感謝です。

毎度、こんな会話をするのがとっても楽しいです。σ(^_^;)

HONMA調整表.jpg

CopyrightⒸ2018 golf-mind.sblo.jp All rights Reserved.
posted by プロゴルファーKAZU at 01:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル

2017年11月03日

ボール選び

現在のゴルフは、様々なポールが発売されています。大別すると、ディスタンス系(飛距離重視)、ショートゲーム系(アプローチ、パター重視)、オールマイティ系(飛距離、アプローチ、パター総合バランス)など。更には、それぞれ「固め」「柔らめ」や「軽め」「重め」など、自分のフィーリングやスタイルに合わせて広く選択出来ます。他の球技スポーツでは、公認球が極端に限定されている場合が多く、自分のスタイルに合わせてボールを選択するのは難しいものです。一方、ゴルフでは何百種類の公認球があるので、プレーのウィークポイントがカバー出来たり、また、長所を更に伸ばすことも可能になります。ですから、これらを有効に利用しないと実にもったいないですね。

とは言うものの、かくいう私が今年はボール選択にホント悩まされました。これまでは、タイトリストのプロV1xを10年ほど使用していました。またその間、他のメーカー同様に数年おきにモデルチェンジがありましたが、「少し飛ぶようになったかな」とか「ちょっと高く上がるようになったかナ」あるいは「若干スピンが減ったかな」ぐらいの程度だったで、違和感なくすんなり受け入れられましたし、プレーにも良い影響を感じていました。ところが、今年の早春に発売された2017年ニューモデルは違って感じました。第一印象は「うわっ、重っ、硬っ…」です。そう、全然別種のボールのように感じたのでした。でも、長年使い続けたモデルだし、昨年モデルはもう製造しない訳だし、大量に仕入れたところでいずれ底をつくし、「まあ、そのうち慣れるだろうから…」と思って前向きに使い続けたのですが…

titlist-prov1.jpg重く感じるので、インパクトはその重さに負けないようにハードヒットしなければなりません。また、硬く感じるということは高弾道でスピン量が少ない、ということなので、長所としては高い球筋でも風に負けない、という利点はあります。しかし、短所としては芯を外したときに極端にスピンが減るので、ドロップボール(無回転に近い、野球でいう所のいわゆるフォークボールやナックルボールみたいなもの)になりやすいという点があります。なので、ドライバーにしてもアイアンにしても、芯を捉えた球筋はこれまでよりも飛距離が出ましたが、ひとたび芯を外した時には極端に飛距離が落ちてしまいます。私でいうと、ドライバーで約40ヤードも差がありました。また、断定はできませんが、ハードヒットの蓄積の影響だと推測しますが、疲労性腰痛にも悩まされました。それに、肝心なスコアアベレージもガタ落ち。正直、「困ったなぁ…」です。

そこで、ボールに詳しい人に聞いてみると「タイトリストプロV1xからV1に変えているプロも多いようですょ」との事。でも、まあこの際だから思い切って他のメーカーも試してみようかな、とまずは松山プロ使用モデルのスリクソンZ-STARを使ってみた。そしたら、硬さはさほど感じないものの、これもやっぱり重かったのでパス。

chromesoft-1.jpgで、今度は柔らかいという評価でキャロウェイのクロムソフトを使ってみた。確かにとても柔らかい。腰にも負担がないし、なんだか昔懐かしのパーシモンを彷彿とさせるつぶれるような打感。左右に曲げるコントロールもしやすいし、飛びはまずまず。ただ一点、弾道が低い。理由は、ボールが柔らかいとボールがフェイス面にくっついている時間も長くなってインパクトゾーンも長くなり、その間にロフト角が立ってくるので必然的に球筋も低くなるから。この高さだけがどうしても妥協できずに、残念ながらやむなくパス。

tp5x.jpgで、次はネット評価の高かったテーラーメイドのTP5Xを使ってみた。ドライバーやFWは距離もまずまず打感もいい感じだったのですが、アイアンがいきなり右にすっぽ抜け。なんだかスーパーボールみたいな。ただ、慣れたらいいかも、と思ったのでしばらく使ってみたのですが、やっぱりアイアンだけがよく右に抜ける。ユーザーとしては球筋がフックしたり高さが出ない人には抜群の相性かもしれませんが、「これも違うか…」ということで残念ながらパス。

で、次は、最初に勧めてもらったテーラーメイドのプロV1を用意した。プロV1はV1xと比較すると柔らかいのは承知であったものの、重さの感じがV1xと一緒では…と少々疑問視してまして…で、期待うすめで使ってみたら…

「キタ〜〜︎、コレだ!」 \\\٩( 'ω' )و ///

重くない。柔らかい。高さもある。スピンも十分。飛距離もアップ。スコアも戻ってきたし、ホント気持ちが伝わる。やっと理想の人に出会えた、って感じ。ちょっと古いけど、松山千春の「人生(たび)の空から」の…

まわり道でも♫ 旅のおわりに♫ 君にもう一度♬ 逢えたならいいね♬

みたいな。

まあ、最初から素直に使ってみれば苦労することもなかったのかもしれませんが、いろいろ勉強になったし、何よりまた頑張れそうです。

ということで、あくまで個人的な感想の数々ですが、いろいろ試してみてくださいね。
( ^ω^ )/
ちなみに、タイトリストProV1XやスリクソンZ-STARなどは、ハードヒッターで、スピン量が多くて球が吹けあがる傾向にお悩みの方にはGOODかも知れませんョ。(・∀・)!!
posted by プロゴルファーKAZU at 17:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | アセンション